状態の変化に気づいている意識は変わらない

受講者
昨日から、不安の思考が出て、不安と怖れの感覚が強くなりました。不安と怖れの感覚は、至福の感じを感じていた同じ身体の場所に現れ、取って代わリました。



そのように状態(現れの領域)は、様々に変化します。
そして、その状態の変化に気づいている意識は変わりません。
その気づいている意識(在る・真我・真の自己)が、至福感等が生まれる源であり、至福そのものでもあります。
そこに何度も意識を向けること、それそのものであることを重ねていくことにより、
自己理解が深まり、現れにもよりとらわれなくなってくるでしょう。
今起こってきている現れも自然に消えていくでしょう。


受講者
在るに意識を向けているのですが、不安の思考はおさまったと思うと、また形を変え品を変え、次々に現れます。
マインドが、「ああ、日常の営みが面倒くさい。 すべての不安の元である、この営みを、やめてしまいたい」、と叫びます。

すべてが面倒くさいのです。
ただ在るに意識を向ける事以外は。
他の事は全部棄ててしまいたい。



面倒くさいと思うのもマインドです。
すべてを棄ててしまいたいと思うのもそうです。
それはただそのままにして(ただ気づいていて)、在るに意識を向けましょう。
在るそのもので在りましょう。

それを重ねていくことでさらなる変容が起こるでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示