真我が主になってくると、必要に応じて自然に起こってくる“欲しい”等も、とても純粋で、軽やかなものとなっていく

受講者
日常では
前回お話いただいたおかげで、日常で在るにあろうとすることが
楽になりました。
また、なにも無い心地よさ、自由さが なによりも大事だなぁと
思えることがありました。
自分が欲しいもの、欲しい状態より このなにも無いことのほうが
大切だと思えることが起こったことに自分が驚いています。
価値観の逆転とも言える感じです。



自然なシフトでもありますね。
相対を超えた何も無いこと(無・空・在る・真我)は、
すべての現れの土台、源、あるいは、全体を包んでいる全体そのものであり、
その豊かさ、自由さ、心地よさ等は無限であり、計り知れません。
そちらが主、あるいは、しっかりとした基盤、土台になってくると、
必要に応じて自然に起こってくる
“欲しい”(ただひとつであるものの中で起こる自然現象)等も、
とても純粋で、軽やかなものとなっていきます。
(自然で、静かで、パワフルであるとも言えます。)
それは起こってくることがありますが、それにとらわれることはありません。
そして、何も無いこと(無・空・在る・真我)が主となっていますので
それにとらわれる者(個人)もいません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示