真の自己(真我・在る)は、起こってくる至福感の源、大元であり、至福そのもの

受講者
相変わらず、甘い至福の感じを身体に感じています。
これも体験に過ぎないのだから、変化し、過ぎ去って行く事への怖さも、体験すればよいだけなのだよと、言い聞かせる事で安心を得ようとしている、自分がいます。



真の自己(真我・在る)は、起こってくる至福感の源、大元であり、至福そのものです。
それは、過ぎ去っていくものではありません。
体験は過ぎ去っていきますが、それに気づいている自分自身、意識、真の自己は、
これまでもそうであったように、けっして過ぎ去っていくことはありません。
それを深く知れば、体験が過ぎ去ることへの怖さも消えていくでしょう。
至福感も何度でも、無限に感じることができるようになるでしょう。
自分自身が、変わることのないすべての源であることを
それそのものであることを重ねていくことで
深く知っていきましょう。
真に失うものなど何もありません。
真の自己とは、すべてのすべてです。


受講者
ここ数年、仕事を辞めたいと思って来たのに、辞められない。お金や地位が無くなるのが、怖いのかと思ってたけれど、本当は何にもする事が無くなるのが怖いみたいだ。
何にもしなくていい。ただこの至福とともにいたいだけ、なのだけれど・・・



深い自己理解が、必要でない怖れ等を溶かしていくでしょう。
至福そのものとして、それ自身と共に在ることができるようになるでしょう。
必要であれば、「在る」から「する(行為)」が自発的に起こってきます。
起こっていきます。(源であり、現れである。与える者であり、受け取る者である。
すべてであるそれは、両方の立ち位置に在ります。)
在る、無為とは、することが無くなることではありません。
「する」から自由でありながら、「する」豊かさも楽しめるようになるでしょう。
「する」そのものとして在ることができるようになるでしょう。

動中静あり、静中動あり

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示