観念等は、あってもなくても、どちらでもいい、それが在るの態度、在り方

受講者
先ほどはありがとうございました。

自分の言ったことで、
またまた、色んなことに
気がつきました。
なんでも、言ってみるものだ。
感じてみるものだと思いました。



はい、それは、まさにただひとつであるものである在るの在り方とも言えますね。

ただひとつであるものである在るは、
それ自身は在るであるまま、あるがままに現れ、
そして、それ自身、自分自身に気づいていく、
自分自身をより深く知っていく、
無限そのもの、
無限の可能性そのものである自分自身をより深く知っていく、
既知(知そのもの)でありながら、同時に今そのものであり、
未知そのものでもある自分自身を無限に知っていきます。


受講者
セッションが始まりしばらく経って
お腹あたりに沢山の観念を感じました。

瞑想をしていて、目からそれが浄化するのも
感じました。



気づくことで、自然に浄化が起こりますね。
気づきは、光であり、愛であり、また、全体です。
気づくもの(気づきの主体)も、気づかれるもの(気づきの対象)も
ひとつであり(本質的に同じもの)、

━本質的には、気づくものも気づかれるものもなく、
気づきそのものだけが在ります。
ただひとつであるものである気づきそのものが、
気づきの主体と、気づく対象、そして、そのプロセスとして現れます。
ただひとつであるもので在りながら、同時に、ある意味、それらの役を演じます。
もっとシンプルな言い方をすれば、何の意味付けもなく、ただそのように現れます。
それは、気づき・在る・愛の本性。
在るの計らいなき計らい(愛)。━

気づくことにより、全体がバランスされ、調整、純化、変容等が起こります。
現れ、頑なになり、滞っているもの等も、次第に溶け出し、流れ出し、
全体の中で、本来の姿、本来の在り方である愛(在る・真我・気づき・全体・空)に
帰っていきます。


受講者
最近、情報は、余り必要としていない自分も
感じてましたが、観念から緩くなる
前兆だったのかもと思いました。

(どっちでもいい。。)
縛りから、少し外れる
楽しい言葉です。
終わったあと
胸がポカポカしてきました。



はい、それ(観念等)は、あってもなくても、どちらでもいい、

(必要であれば、それはそこにとどまり、そうでなければ、消えていく、
愛に帰っていく。とどまりたいだけとどまり、消えていくときに消えていく。
すべては、自然現象。
すべては、自然、全体のバランス・愛の中に在ります。
それそのものとして在ります。)

それが在る(気づき・愛・全体・空)の態度、在り方です。


受講者
制約の沢山ある場所でも
自由でいられる感じをもっと体得できればと
も思いましたが

まあそれも、どっちでもいいかも。。
と思うと、いい感じです。



はい、とてもいい感じですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示