それは、在り続けるのではなく、ただ在る

受講者
在るそのものである実感が、より強く、より明確になっているのを感じています。



とてもいいですね。
在る(真我・愛・全体・ただひとつであるもの)は、そのように自己更新しながら、
深まる再認識、新鮮な再認識を繰り返しながら、ただ在り続けています。

(在るの自己更新等の視点から書いているため、「在り続ける」という表現になっていますが、
超えたところでは、「ただ在る」です。
「続ける」という表現は、時間的なところにあるとも言えますので、
━または、時間も含めたトータルな視点からも、そのような表現は可能でしょう。━
超えたところでの認識としては、ある意味、適切ではありません。
永遠とは、時間的な継続ではなく、時間を超えた絶対、時間を超えた実在です。
それは、無限に時間、空間を生み出す源です。
それは、在り続けるのではなく、ただ在るのです。)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示