真我は、最も大きなものよりも大きく、最も小さなものよりも小さい

受講者
昨日は、ありがとうございました。

広い世界、広い空間
狭い世界、圧縮された世界など
感じながら、それを見ている意識に
焦点を合わせて、それが本当の自分という
ことを、何度も味わい、感じながら
少しずつ本当の自分に戻って、
行きたいと、改めて思いました。



はい、本当の自分である真我(在る、愛、空、気づいている意識、全体)は、
最も大きなものよりも大きく、最も小さなものよりも小さいとも言われます。
それは、どれほど広大な世界、広大な空間でも余裕をもって包み込み、
(それ自身が広大な世界そのものでもありますが。)
また、どれほど狭い世界、圧縮された世界でも、十二分にのびのびと自由に
くつろげるだけの微細で繊細、やわらかく、やさしい在り方で在ります。


受講者
自分にとって、無駄なことなどないのだなとも思いました。



本当にその通りですね。


受講者
今朝から少し、憂鬱な感じも出てきています。左足からです。

それをまた、見てみようと思います。



ただそれが出ていることに気づいていればOKです。
自然に焦点(意識の光)がそちらに向くならばそのままに。
そうでないならば、気づいている意識である自分自身(真我、在る)に
注意を戻しましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示