自分に正直である、あるがままである、ということはとても美しい在り方

受講者
静かで落ち着きのあるセッションありがとうございました。

あのセッションの後、約1時間後ですが、夫と激しい言い争いをしました。
お互いに、思いっきり言いたい事を言い、険悪モードの中、仕事に出かけたのですが、
いつもでしたら、後悔や不安やら、色々な思考が沸いて来て、マインドが騒ぐのですが、今回は静かでした。
すっきりしているというか、怒りのエネルギーが出て行った、ハイ終わりです、という感じでした。
そして、一日仕事に追われていたせいか、それについては、全く影響されてない自分がいました。



いいですね。


受講者
ただ、夕方仕事が一段落して、ほっとした途端、例の激しい動悸に襲われました。
いつもでしたら、5分位で収まるのに、この日は1時間以上も続いて、身体全体が振動しているのもわかりました。



動悸は、浄化のようだとのお話でしたから、今回は準備ができて、かなり大きな浄化が起こったのかもしれませんね。


受講者
週末は夫が仕事に出かけたので、私は一人を楽しみ、「在る」になるべく注意を向けるようにしました。
私にとっての「在る」は、思考や身体の感覚や感情を含めたもので、そのすべてを全体で気付いているという感じなのですが・・・



はい、 その全体が在るです。
変わらない本質、源としての在ると、思考や感情、身体感覚として現れた在るというように、識別した見方もありますが、
あなたにとって、今は、全体で気付いているという感じがとても自然ですので、そのように在りましょう。
その気づいている全体そのものが、 真のあなたです。
全体の中身、内容、起こってくる思考、身体感覚、感情、出来事などは、そのときどきで変わりますが、
全体そのものはいつも変わりません。


受講者
そして昨日午後に非二元の覚醒者のミーティングに行き、帰り車の運転中、至福感が湧き上がって来ました。



共鳴が起こったのかもしれませんね。
セッションを受けていると、「在る」(真我・愛・全体・至福そのもの)に開かれ、自然な共鳴が起こりやすくなってきます。


受講者
今日はイライラしている自分がいます。 自分を抑える事が難しくなっていて、日常の人間関係が面倒くさい。 
イヤなものはイヤ。嫌いなものは嫌いと、正直でありたい。 世間一般にはエゴイストと呼ばれるかもしれませんが、
もう思いっ切り醜い自分でもいいから、隠している方が辛いので、自分に正直になりたい、そんな感じです。



はい、今まで頭、知識、観念等で抑えていたものが抑えられなくなってきている、
ある意味、不自然だったところが、より自然になってきている、
今、存在全体がバランスされ、より自然な状態、自然な在り方に戻ろうとしているところ、
存在の視点から、健康な状態、健康な在り方にかえろうとしているところだとも言えますね。
イライラ等はずっと続くものではありません。
存在は、本来、愛に満ち、幸せに満ち、平和でとても穏やかです。
自分に正直である、あるがままである、ということはとても美しい在り方です。
抑えていたエゴは浮上してきて、クリアになっていくでしょう。
あるがままに在りながら、成熟、変容も進んでいくでしょう。
今は、全体そのものである「在る」に開かれてきていますので、大丈夫です。
そこには、バランスや調和の作用も働きます。
在ること、そして、気づいていることは、とてもパワフルで、とてもハートフルです。


受講者
その間、気が付く限りは、「在る」の感覚に戻るようにしています。



はい、それがとても大事です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示