そのままで在る

受講者
また、再メール申し訳ありません。
その後、自分の感想メールの質問(0か1に断定しようとする個人がいた)
に関して、理解が起こってきましたので、
もしまだ間に合うようでしたら、こちらのメールに返信いただけると幸いです。



はい、返信の途中で、まだまとまっていない状態でしたので、
(これは、返信相手の方の状態等に対応してそのようなことがよくあります。)
ちょうどよかったです。

(ちなみに、返信はただ起こっているだけであり、本来、返信つきのコースではない、
ということも再認識をよろしくお願いいたします。)


受講者
本日も貴重なセッションありがとうございました。

お話
波動に関して、お話しいただきました。

いまさらな感のある質問になるのですが
共鳴中の波動に気づいたら、
在るに戻ればよろしいでしょうか?
それともその波動に乗っていればよろしいでしょうか?
それともあるがままどちらでもという感じになりますでしょうか?

(その後の理解)
波動は、ただ起こり、
そのあと、波動に乗るも在るに戻るも、どちらの場合もただ起こっている。
その時その時で共鳴は、ただ共鳴として完結している。
(ここまで)



よい理解ですね。

参考までに、以前頂いた感想への返信途中だったものの一部分をご紹介させて頂きましょう。

【今、この瞬間に起こるあなたへのお応えとしては、

(ということは、以下を参考にしていただき、そう在ろう、
在ってみようが起これば、あるいは、何か腑に落ちるもの等が
あれば実践してみて頂き、その上で、必要があれば、
また修正等してみる、
実践してみて、より自然体で在れるような感じ等あれば、継続してみる、
そのような態度、在り方で実践を繰り返していくことにより、
ご本人にとって、より自然で、また、より的確で、かつ、トータルな
在り方が徐々にできるようになっていくでしょう。)

波動に気づいたら在るに戻るのではなく、
在るに気づいていないことに気づいたら、在るに戻る、
つまり、在るに気づいていないという気づきが自然に起こったら、在るに戻る、
(在るに気づいていないと気づいたら、在るに戻る、
あるいは、気づいていないことに気づいた時点で、すでに戻っていることを自覚する、
ということを実践中であるという認識を持った上で)
という認識がよろしいかもしれませんね。
波動に気づいていることに気づいているだけであれば、そのままです。
(それもまた、自然で必要な体験、貴重な体験でもあります。
それは、自然で必要な分だけ体験される必要があります。)

当たり前と言えば、当たり前のことではありますが、
これが、あるがまま、起こるがままという在り方とも言えます。

また、在るに気づいていないと気づいても、
自然に戻れないとき、どうしてもそのように起こらないとき、
戻りにくいときは、そのまま在りましょう。
在るに気づいていないという気づき、そして、戻りにくさ、
等、そこに在るすべてをそのままにしておきましょう。
(もし、戻りにくいときに、強引にでも戻ろうが起こってくるのなら、
それも含めて、そのままにしておきましょう。)
そのままで在りましょう。
そのまままるごと、全体で在りましょう。
全体に気づいて(愛)在りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・】


受講者
最初の共鳴
斜めに座っている
(どうしたって斜め、どうしても真っすぐになれない)
無空さんに感想を聞かれて、
深い所にいたと感じる



たしか、「ねじれ」というような言葉が起こってきていたと思いますが、
それを聞いて、DNAのらせん構造というフレーズが浮かんできていました。


受講者
アイコンタクト
何かやり取りがあった
(微細な波動でもなく、波動のない透明な波動の感じ)

瞑想
上昇⇄下降がつながった感じ
(トータルな感じとも言えました。
 サードアイがビシッとなっているのが印象的でした)

ハートの共鳴
透明、綺麗、光
(輝いている感じ)

立場を変えての共鳴
透明
(無い感じ)

ニュートラルの共鳴
綺麗、透明
(輝いていて無い、ミックスされて、表現としてよく分からない感じ)



全体的にとてもクリアな共鳴でしたね。


受講者
セッション後は、感想書けない困ったと思いましたが、
拙い言葉で頑張ってみました。

各共鳴での無空さんに状態を聞かれた際、
言葉を出る所に戻る事で、
感想とかで記載しているような感じる感覚的な所というより
在るの深さ度合い?のそういう所にいたんだと再認識が起こりました。
(といっても、はっきりどことも言えないのですが。。。)
共鳴中と言っても、波動で感じる感覚的な所より在るの深さ度合いが本質的な気がしまして、
(この辺りで最初の共鳴中の在り方に関して質問させていただきました。)

(その後の理解)
波動で感じる感覚的な所もまた良し、
それに加えて、在るの深さの再認識という事が分かりました。
(ここまで)



先に頂いた感想への返信をそのまま使わせて頂きます。

【そうですね。
本質的と言えば、まさにそうであると言えますね。
そして、トータル、全体的と言えば、それらすべてを含む、あるがまま、起こるがままの自然な在り方が
そうであるということが言えます。

在るは、本質的であり、そして、全体的です。

セッションでは、本質を核に、全体性も同時に育まれていきます。
成長、深まり、広がりは、一方向だけではなく、全方向へとトータルに進んでいきます。
一直線に一方向へ進んでいるようで、同時に、全方向へ進んでいます。

それが、ただひとつであるもの、ただひとつであるすべての自然な在り方です。】

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示