在るは、開きそのもの、開かれそのもの

受講者
先日は第一回目のセッション ありがとうございました。

感想を送ります。

まず、初めてお会いして驚いたのは なんて『開かれている人なんだろう』
ということでした。「心を開く」という言葉はよく聞いていたのですが、
目の当たりにすると、かなり驚きでした。
何でそう思ったのかも分からないのですが、ただただ驚いた次第です。



在るは、開きそのもの、開かれそのものです。

それは、すべての土台となり、すべてを陰で支え、また、すべてに浸透し、すべてを貫き、
目には見えず、誰にも気づかれないよう、さりげなく、自然、普通そのものとして在りながら、
同時に、あらゆる現れとして現れ、現象そのものとして世界の最表層、最前線に立ち、
今そのもの、そして、今起こっているすべてとして、火を見るより明らかに、
すべての人に対して絶対的に開かれています。


受講者
もう一つはセッション中一貫して私の核に当たっている感覚でした。
芯に当たっている感覚、これもどう作用しているのかも分からないままそう感じていました。



核、芯、それが、在る、真我、真の自己、変わることのない本質です。
それを知る者と共に在るとき、そこに焦点が自然に当たりやすくなります。
また、その度合い等は、それを知る者の理解の深さと、
それを受け取られる方、感じ取られる方の準備がどれだけできているか等、によると言えます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示