無上の幸せ

受講者
日常では、

均質そのものです。

何かすっかり変わってしまった、という感じがあります。

とても自然です。

とても普通です。



大きな変容が自然に起こりましたね。

それまでの変容の積み重ね、進展から、機が熟したとき、

そのように大きな変容が起こります。


受講者
セッションでのお話で、私から、「均質そのものです。」という言葉が起こったとき、

無空さんから、「前回の共鳴で、『均質そのもの』という質を感じていらっしゃいましたから。」というような言葉が起こりましたが、私はすっかり忘れていて、セッション後に前回の感想を見直して、その質を何度も感じていたことを思い出しました。

共鳴で感じたことが、日常にも浸透していく、日常でも実現されていくことを改めて実感して、理解の深まりとうれしさを感じました。



週一のセッションと日々の実践が、とてもよい流れをつくっているようですね。


受講者
それから、最近、夫の仕事がかなり忙しい仕事に変わったのですが、自然に、私が家事をとてもしっかりとやる、ということが起こっています。



ただひとつであるものの中での、自然な必要性から起こるバランス作用(愛)とも言えますね。


受講者
全体のバランスがとれるように、自然に必要なことが起こっているんだな、おもしろいな、と感じます。



そのように、全体をひとつであるものとして見れるようになると、おもしろいですね。
そこには、本質的なおもしろさがあります。
そしてまたそれは、絶対安心、絶対安全、絶対大丈夫の中での驚きやおもしろさであるとも言えますね。


受講者
夫からも、「君が最近、しっかり主婦してるから可笑しい^^」という言葉が起こっていました。

必要なことは、本当に自然に起こるんだな、本当にただ勝手に起こるんだな、と感じます。



在る(真我・全体・愛)そのものであることで、それはスムーズに起こり、
在る(真我・全体・愛)の視点、理解があることで、それを認識することができますね。


受講者
また、昔は起こることを価値判断し、とらわれていましたが、今は、ただ在ることで、自然に、他の存在に起こっている体験を全力でサポートするという立ち位置に在るのに気づきます。
(必要であれば、サポートが否定という形で起こることもあります。)

そのような立ち位置に在れることがただうれしいです。



存在のよろこびですね。


受講者
そして、ただひとつであるもの、ただひとつであるすべては、(目に見える形であっても、見えない形であっても、)自然に、すべてをすべてが全力でサポートしているんだな、と分かります。



それそのものとして在ることで、はじめて見えてくるもの、実感できること、理解できることがありますね。


受講者
自分自身の素晴らしさに、自分自身が愛そのものであることに無限に気づいていけることがとても幸せです。



それ以上の幸せはありませんね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示