気づきの光によって、幻想である暗闇はただ消えていく

問題の根本的な解決は、「する」という中にはありません。

マインドの領域で何が正しいというのは、相対的なものでしかなく、どんどん変わっていく場合もあります。

やはり超えていくしかありません。

「在る」がしっかりしていれば、そこから起こってくることは全体にとって善であり、「それでよし」ということです。

具体的な問題の方に多くの時間、焦点を当てているより、「在る」(全体性・変わらない真実・本当の愛・調和そのもの)に焦点を当てていた方がはるかに有益です。

気づいたら、問題がなくなっていた、ということはよくあることです。

暗闇(マインドが作り出す問題)をいくら分析・調査しても、明るくはなりません。
必要なのは、「在る」こと。
自分自身が存在しているという気づきの光です。

その光により、幻想である暗闇はただ消えていきます。
それは、跡形もなく消えていき、一切の痕跡も残りません。
なぜなら、それはマインドが想像上で創り出したものに過ぎず、実体はもともと無い(無・空)からです。

ただの光(気づき・「在る」)の不在、本当の自分を忘れていただけです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示