すべては、ただひとつであるもの(在る・愛・真我・全体)の中で起こっている

受講者
陽だまりのように穏やかな日々が続いてると思うと、時折、何かしら不安や恐れを見つけている思考がいます。正にエゴは不安や恐れをエサに生きているのだと実感…
一つ乗り越えたかと思うとまた次の恐れを見つけて来ます。
ただそのお陰で意識して、静けさの隙間に意識を向けるが多くなる。何故今回生を受けたかを考えてみる。今に在ることにより意識を向けるようになる。
以前読んだ本の意味がストンと落ちる…また在るが深まる…
そのためにわざわざ不安や恐れを呼んで来るのかもと思えたり…
そんな感じでしょうか。



よい感じですね。
すべては、ただひとつであるもの(在る・愛・真我・全体)の中で起こっています。
在るもの、起こるものひとつひとつが全体そのものでもあり、それ自体で独立し、完結していると同時に、
すべては途切れなく、隙間なく、境目なく、連続し、つながり、ただひとつであるものとして
何も起こっていないまま、起こっています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示