在るは、それ自身が根拠そのもの

受講者
数日前からその思いが起こり始め

無空さんに打ち明けるが起こっていました


話すことが怖かったのですが

無空さんがただ在ってくださり大丈夫でした


単に

マインドで意味づけしたいということだったのかもしれませんが

無空庵のセッションを受ける本当の目的を自身で再確認できた事もよかったと思います

話すことで自身の中で何かがあったのだと思います

それも言葉できちんと言えるわけではありません



やはり、無空さんのセッションを受けることが出来るのは

恩寵以外の何ものでもないと思えるのです



それがどういうことなのか、ほんとのところまだわかりません



どういうわけかいつもある根拠のない“大丈夫”に支えられています



在るですね。

それは、それ自身が根拠そのものであり、それが在るための前提となる根拠を

必要としません。

それは、

「ただそうであるもの」です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示