在るには、無限の奥深さがある

受講者
最近は在るそのものであることを意識して過ごしているというご報告をしました。
今まで何度となく在る=自分自身であるということを無空さんからお話ししていただいたり、
文章を読んだりして、自分なりに理解が深まってきたように思っていましたが
在るそのものであるたびに、こんなにも何も分かっていなかったんだな、と感じます。
根本的に、大きく勘違いをしていたような、そんな感覚です。



それは、勘違いしていたわけではなく、そのように感じられるくらいさらに的確に在れるようになっているということです。
在るそのもの度が増しているということです。
そして、それぐらい在るには、無限の奥深さがあるということでもありますね。


受講者
”ぼーっとしていたりイライラが起こったりして、それに気づいて、在るそのものに戻る、
ということを繰り返している感じです”とお話ししたところ
在るそのものであることを(体験として)忘れて、また思い出すということを繰り返しながら
それ自身が深まっていく、
それが在るの深まり方であり、自然なリズムであることを教えていただきました。
ただただ美しさを感じ、うれしくなりました。



そうですね。
それは、とても美しいものです。


受講者
共鳴では、自然と在るそのものであるというところに焦点が当たっているように感じました。
”愛そのもの””やわらかさそのもの””透明、どこまでも透き通っている””ハート=自分自身そのもの”
などを感じました



とてもいいですね。


受講者
また、(ひとつの視点して)セッションをしている人と受けている人はいない、
在るだけがある、
本来ひとつのものであるはずの在るが、それ自身と響きあっていることを感じました。



いいですね。
大きく言えば、それがこの世界であり、在るの中で起こっていることでもあります。
また、その本質的なところをもっとも凝縮した形で行っているのがゼロ意識共鳴、
在るの在るによる在るのための共鳴セッションです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示