在ることが、奇跡

受講者
今回は12/10と12/17のセッションの感想を一緒に送らせていただきます。


12/10の感想

今週は少し混乱しておりました。

今、振り返ると、ただ気づいて在ると言う基本を忘れ

マインドの言うことを信じて過ごしたことで

混乱が生じていたことに気づきました。



と、12/17のセッションを受ける直前に感想を書いていると

ふと私がいつも感じている「これ」が在るだと思いました。

そして、すぐにセッションの時間になり無空さまにお話ししたところ

そうですと言われ、なぜだか涙が止まりませんでした。

本当におかしくて笑ってしまうほど、それは今までずっと私をしてましたし、

確かに片時も離れることなくずっとここにありました。



はい、そうです。


受講者
でも、それはとてもとても私の枠に収まることができない広大な意識だったのですね。



そうですね。


受講者
今まで私とよんでいたものを、「これ」とよびそこから世界を眺めてみると

あまりの素晴らしさに感動し、見とれてしまいます。



「私」という個人の枠を通さないで、在る(「これ」)のまま、あるがままに世界を見ると、

見え方、感じられ方がまったく違ってきますね。


受講者
部屋の床に落ちているホコリですら、奇跡だと思われます(笑)



そのとおりです。

在るもの、現れているものすべては、奇跡です。

在ることが、奇跡です。

ひとつの視点からは、それをどれだけ深く感じることができるか、

それが、そのままその方の幸せの深さとも言えますし、

存在の深さと言ってもいいですね。


受講者
ずっと私サイズのちっぽけなものだと思っていた「これ」は、

この世界を宇宙までもをすっぽりと包みこみ、どこまでいっても「これ」からはみ出すものは何ひとつない。

あまりにも自然にここにあり、まったく目を向けようとしなかった「これ」は

とてもとてもすごい存在でした。



そうですね。


受講者
今はなんとも不思議な感覚ですが、ただただ自己の素晴らしさに驚いております。

ずっと探していたものが見つかって、もう探さなくていいという安心感と解放感。

ただ幸せです。



本当によかったですね。


受講者
そして、毎瞬毎瞬現れるすべてをゆっくり楽しみたいと思うようになりました。

無空さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。



ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示