真実の立ち位置に立てば、依存という概念すら起こってこない

受講者
最初の共鳴…最初、もやもやがいっぱい出ていて、それを無空さんに消してもらいたい、というのが起こって、(二人で苦笑)  あっ! 気づいている意識の方、と思って最後は気づいている意識。


実はこの、依存のエネルギーが出てきたのが結構ショックでした~ 「依存」が大嫌いで(自立という言葉が大好きで。でも「それ」は、相対的自立を超えての絶対自立ですものね^^)、これまで気づきたくもみたくもなかったものでした。

ショックでしたが、依存マインドも、エゴが、嫌いだ! と言ってることも、気がつけるときに気がつけたのでしょうね。
浮上してきてよかったです。



そうですね。
依存(という現象)に気づくのは真我で、依存を気にするのはマインドです。
また、依存という認識自体が、分離の世界の話です。
現れた存在ひとりひとりが、独立して存在しているという前提のもとでの話です。
(そのような前提での認識もまた、プロセスにおいて、また、プロセスという視点ではなく、独立し、完結したひとつの純粋な体験を支えるものとしてもとても大切なものであるとも言えます。)
在る(真我)はそれを含み、そして、超えています。
在るの共鳴(ゼロ意識共鳴・含み、超えたところの共鳴)では、依存マインドは変容していき、真の自立が促され、そして、現れ的に言えば、自立した上での自然な関係性が実現されていくでしょう。

でも、本当は誰もいません。

そして、本当は何も起こっていません。

現れを含み、そして、超えたその真実の立ち位置に立てば、依存という概念すら起こってきません。
まったくそれは起こる余地がありません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示