ゼロ意識共鳴

受講者
先程はお忙しい中セッションを開いていただき有難う御座いました。
最初とても不安で不安でしょうがなかったのですが、お話をしていくうちにリラックスできました。
以下がセッション中に感じたことになります。
*******************************


【はじめに】
とても緊張していた。話をして気分が落ち着いた。
「在る」事に初めて目をむけた。
これかな?と思えるものを見つけた。



はい、「在る」に気づかれましたね。


受講者
すぐに「考え」が考え始める。
「考え」は隠そうとしてる?少しある不安は「考え」が作っている?



そのとおりです。
無空庵では、「考え」をマインド(自我、個人━個人である「私」━を含む)と言っています。
(そのときどきにより、狭義、広義等、さまざまに使用しますが。)


受講者
【共鳴セッション】
開始直後から「在る」を感じた。自分で気がついた「在る」より大きく感じた。



共鳴では、そのように、ひとりで感じるよりも、より楽に「在る」を感じたり、
より大きく、より明確に感じたりすることができます。


受講者
少し怖さを感じて手先が冷たくなる。嫌な感じはしない。前が見えなくなっていくような感じ。瞬きをすると元に戻るが
またすぐに「在る」を感じる。透明で静か。「考え」はずっと「なにこれなにこれ」と言っている。



よく気づかれ、感じ取られていますね。


受講者
【アイコンタクト】
こちらも同様。表情が作れない感じになる。「考え」は透明な空間(在る)を怖がりもせず好奇心旺盛な感じ。
「考え」に子供の頃の考え方を思い出した感じ。

【目を閉じての瞑想】
雑念が凄くわいてきた。「在る」を感じられない程の量。目を閉じると雑念がわきやすいと教わる。



内面に注意が向くので、内側で起こっていることに気づきやすいということもありますし、また、浄化的に起こってくるということも言えます。


受講者
【ハート】
瞑想中の雑念がやや残り、最初のように「在る」を感じられなくなった。少し悲しいと感じる。



浄化的な雑念がひととおり出切ると、またクリアな状態になり、クリアそのものでもある「在る」を感じやすくなります。


受講者
【セッションを終えて】
言葉ではいい表せない。本当に「在る」だと感じた。今在る。在る。



はい、間違いなく、「在る」を感じられていましたね。

それが、あなたが求められていた「本当の自分」です。


受講者
上位概念にいくほど情報量が少なくなる事を理解した。



読まれていた本に書かれていたことですね。


受講者
私は情報量が多く、臨場感があるのですぐに見つけられる。「在る」は本当に「在る」しかない(笑)
言葉も情報なので「在る」には本当は言葉もないのだけれど、言い表すと「在る」になるのだと感じた。



その表現からも、的確に「在る」を感じ取られていたこと、そして、共鳴中に確認したように、「在る」そのもので在ったことが分かりますね。


受講者
終わったあとはとても頭がスッキリしていた。「在る」を強く感じたいので日々のトレーニングが必要だと感じる。



はい、注意、意識を向けるものがより活性化し、より開かれていきます。
気づいたら何度も在るに戻り、在るがより確かなものとなっていくよう在りましょう。
そして、「在る」が、存在全体の主、メイン、中心、土台になってくるといいですね。
(究極的には、「在る」だけがあります。)


受講者
*******************************

以上になります。
教わった事を日々実践していきます。わくわくしてきました(笑)



はい、楽しみながら実践できるといいですね。

「在る」は、楽しみそのもの、よろこびそのもの、幸せそのものでもあります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示