浄化、変容、成熟が進むと、「なぜ?」というマインドが起こらなくなってくる

受講者
最初に話しをしているうちに長くなり、

思っていたよりも浄化中だったことに、途中で気づいたと言う感じでした。

努力や認められることや愛について

これまでにすっかりこじれてしまっているマインドが

元気一杯に起きてきていて、

天気でいえば雷雨といった感じでした。

最後のほうで共鳴をすると

個人の枠はほんの少しであとは在るで在り、

こんなに在るなのにこんなに浄化中なのは

なんでだろうと

またよく分からなくなりました。



さらに、浄化、変容、成熟が進むと、

その「なんでだろう」というマインドが起こらなくなってきます。

(すべての「なぜ?」が起こらなくなるということではありません。

現れレベルで具体的な状況を改善するために必要な「なぜ?」、

あるいは、全体の自然な進化を促し、押し進める力を持つ「なぜ?」、

全体にとって自然で必要な「なぜ?」は起こり続けていくでしょう。

起こらなくなってくるのは、マインドにさらにマインドを重ね、

その中にどんどん巻き込んでいくような「なぜ?」

同じところをただグルグルさせるようなマインド、

停滞し、さらには、ねじれ、こじれ、どんどん複雑になっていってしまうような

マインドは起こらなくなってきます。

さらには、これは、全体の自然な進化を促す「なぜ?」だろうか、

あるいは、そうでなく、ただ同じところに停滞させるだけの「なぜ?」だろうか、

というようなマインドも起こらなくなってきます。

━ただ、それらも起こるうちは起こりますので、

それが起こっていることに気づいたら、ただ起こるがままにしておきましょう。

そして、戻れるときは、在るに戻りましょう。━

あるいは、起こっても、そこからより早く離れられるようになっていきます。)

在るであるときには、そのときどきで必要なことが

より自然にトータルに起こっていきます。

浄化されるべきものがあるときには、

浄化が起こることはとても自然なことです。

また、在るは、それ自身であるだけ、

自分自身であるだけ

在るとして在るだけ、

存在しているだけ、

存在していることを自覚、認識できているだけで、

満ちていて、幸せです。

それは幸せそのものです。

在るであり、それそのもの、あるいは、その立ち位置にあれば、

その本質部分は、その上で起こっていること(浄化等も含め)に影響を受けません。

必要があれば、ただそこから必要な対処や反応が自然に起こっていくだけであり、

在るそのものは変わらず、満ちたままです。

浄化の影響を受けるのは、現れ部分だけです。

(あるいは、そのように影響を受けているという現れが起こっていく、

ということもできますが、前述させて頂いたように、

浄化、変容、成熟が進むと、それもより軽いものになっていったり、

起こらなくなったり、と変わっていきます。)

そしてまた、そのような経過、経験を通し、

現れ部分であるマインド等が成熟していくとも言えます。


受講者
認める→安心という

すんなり素直に好循環のサイクルに乗りたいです。



はい、そのために、起こってくるものをあるがまま、起こるがままに

気づいて在りましょう。

なぜ?という疑問のマインド、分からない、ということにも

ただ気づいて在りましょう。

ただ気づいて在るということは、起こっていることに対してのニュートラルな肯定です。

そこから、流れもよりスムーズになっていくでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示