基本は、ただ気づいている、そして、戻れるときは在るに戻る

受講者
実は15日から、左腕のひじのあたりが痛くなって、左腕があまりあげられなくなっています。

その日は他のヒーリングを受けて、買い物でちょっと重いものを持ったくらいだったのですが・・・。

ヒーラーの人に、その痛みをよく感じてみては?と言われたので、意識を向けてみたところ、今までなかったことにしていた、自分の人生や会った人たちへの怒りが湧き出てくるので、冷静になれないし、もう仕方がないや、と思い、それなら全身で感じてみようと思いっきり体全体で感じてみたりしていました。

そうするとさらにヒートアップして、ふざけるな!とか、いろいろな怒りや悲しみが浮かんできて。。。
(こういうの、あんまりしない方が良かったでしょうか?)



無空庵での基本は、ただ気づいている、そして、戻れるときは在るに戻るです。
気づいて在りながら、感じてみようが自然に起これば、起こるがままにされるとよろしいと思います。
注意を向けると、それが消えていくこともありますし、今回のように、それ自体にエネルギーを与え、さらに強いものにしてしまうこともあります。
それは、注意を向ける主体の純度等にもよります。
そういう点で、現れ的に何をするかということよりも、どう在るか、ということの方がより大切です。
(そして、在り方により、そこから起こることもより適切になります。)


受講者
やっぱりなかなか意識を空間に向けることができないでいます。

でも、そういう時は仕方ないかな、と思って、空間の方に自分の心が向くまで、正直に腹が立っているままにしてみています。



それがいいですね。
また、正確には、空間は現れですので、もし可能であれば、在る、意識そのものに注意を向けるようにしましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示