現れである自然現象と、それら現れの源であり、それらすべてに気づいている純粋な気づき(在る・真我)が一緒にあるのは、とても自然なこと

受講者
共鳴の感想時に、

個人の枠と純粋な気づきは同居していてもいいというお話があり、

安心する感じがありました。



はい、それがトータルな在り方ですね。

プロセスとしては、個人しか知らないところ、個人に巻き込まれ、
個人と同一化しているところから、変わらない本質である純粋な気づき(在る・
真我)を知り、

(それは、もともと認識されている領域の中に在るものですが、
通常は、それ以外のある意味、外側の対象━または、表面━に焦点が当たっており、
それ自体に焦点が当たるということがありません。
そして、そこに焦点が当たったとしても、それは、現れる現象の源ですので、
現れた姿形というものは何もありません。)

両者が識別され、
気づいている主体としてミックスされた状態
(名前等を持った個人である私という概念、観念等、そして、その都度
起こってくる個人感覚等と、ずっと変わらずにある純粋な気づき)
が純化され、純粋な気づきそのものとして在れるようになった上で、
状況に応じて自然に起こってくる透明な個人感覚等(個人の枠)が
一緒にあることはとても自然なことです。

大きく見れば、個人も、天候やその他、様々な自然現象と同じです。
在るの視点からは、それらすべては同等です。
(個々の現象に対して起こる対処、反応等は、それぞれですが。)

それら起こっては消えていく現れである自然現象と、それら現れの源であり、
それらすべてに気づいている純粋な気づき(在る・真我)が一緒にあるのは、
とても自然なことです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示