選択、または、自然、必然が“起こる”のは、在る

受講者
この一週間は、久しぶりに個人的な思いに引きずられることがありましたが、一方で不動のものが育ちつつあることを感じる一週間でもありました。



気づいたら戻るを繰り返していくことにより、そのように不動なるものが育っています。


受講者
揺らぎと不動のものを同時に感じることで、何に焦点を向けるのが大切なのかということを強く感じましたし、この絶対的なゆるぎなきものの中で、安全に揺らいでいるだけであるということも感じました。



とてもいいですね。


受講者
それにより、本当は何も起こっていないという理解が深まりました。



素晴らしいですね。
その深遠な真実の理解が深まってくると、軽やかさや自由、愛、慈愛、安全・安心・大丈夫という感覚、平和、調和、安らぎ等様々な質が、より絶対的なものとして存在するようになります。


受講者
また、一方に偏った視点を持つことが起こった時、在るに戻ると、その時その時で、自由に気軽にのびのびと選択し、対処すればいいんだなという視点が、全体的な視野から生まれました。



在るの立ち位置では、全体、すべての可能性に偏りなく、そして、ニュートラルに視野が開け、そこには、無限の自由があります。
無限の可能性の中から、現れ的視点で言う“選択”という自然、あるいは、必然は起こります。
選択“する”のは、個人。あるいは、統合された存在の主体的、能動的な質、側面、または、在るがベースにある上で起こっている軽やかな個人ということができます。
そして、選択、または、(ただひとつであるものから)自然、必然が“起こる”のは、在るです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示