ゼロ意識共鳴では、マインドがこの世で実現できると予想できないマインドを超えた本質を実現していく

受講者
前回の共鳴で自由が感じられたことをきっかけに、
幼いころから私個人が何を本当に求めていたのかを思い出したご報告をしました。
ひとつは本当の自由、ひとつは(当時意味はよく分かりませんでしたが)帰ることでした。
どちらも人間として生きている間は無理だと思い、
その代わりの案として、好きなことを仕事にして、好きなことが自由にできたり、好きなものを自由に買えたりする
そんな自由を掴むことが目標になり、(個人にとっては)原動力となりました。
でも共鳴で自由を感じられたことで、私個人が追い求めてきたものがすでに、ただ在ったことに気が付きました。
妥協案の自由ではなく、本当に望んでいた真の自由です。
死ぬまで待たなければならないと思っていた本当に望んでいたもの、それがすでに今ここに在ること、



「帰る」、「帰りたい」ということも、少し前のセッションで、“故郷”を感じられたことで、死ぬまで待つ必要がなかったとお分かりになったようですね。


受講者
これまでもすでに在ったこと、
そして幼いころから望んでいたことと在るということ、それがぴったりとひとつであったこと、
それはどれも言葉で表せないほどの衝撃でした。



ゼロ意識共鳴では、マインドがこの世で実現できると予想できないマインドを超えた本質を実現していきます。
ある意味、おもしろいのは、それはすでに在ったもの、ずっと変わらずに、もっとも近くに、真の自己、自分自身として在った、というところですね。


受講者
日常ではすごくぼーっとしていることをお話ししました。(笑)
喜ぶでもなく、悲しむでもなく、衝撃を受けて茫然としているような感じでいます。



はい、幼いころから真に求められ、そして、死ぬまで実現は無理だろうと思われていたものが、ある意味、突然実現されたわけですから、無理もありませんね。
(共鳴でも、様々な境地は体験できても、本当に求めているものの実現は無理だろうと思われていたとのことでしたね・笑)


受講者
ぼーっとさせておいてあげても大丈夫なこと、
また馴染んでくることを教えていただきました。



本当の意味で、それは“自分自身”ですから、自然に存在全体として落ち着いていきます。


受講者
共鳴では”そのもの”という感覚がこれまでよりも少しクリアに感じられました。



はい、そのもの度もまた無限です。


受講者
”故郷””もうすでに帰っていた””深いくつろぎそのもの””リラックスそのもの”そして”自由”などを感じました。



とてもよい感じでしたね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示