いつも今という未知に開いて在る在り方

受講者
無空庵ブログのみなさんの感想を読んでいると

ああ、私は本当になにもわかっていない! なにも気づいていない!

ということに気づきました・笑


ただ在るだけって本当にただ在るだけでよかったんだ~と、何度か感想文に書いてますが、そして、無空さんにも、その理解がさらに深まっていきますからね、とおっしゃっていただいたと思いますが…

本当に深まってきているようで

半信半疑は消えたと思っていたのですが笑

まだまだ根強くあるのか?いや、半信半疑というより、やはりわかっていないんでしょうね。



理解には無限の深まりがありますので、今の理解より深いところはまだ分かっていないと言えますが、今の理解もまた、間違いなく今の真実です。

そのことを理解し、そして、さらに開かれてくる深み、未知は無限であるということも知って在りましょう。

ここまで来たから大丈夫、もうこれで大丈夫と思うのはマインドです。
そこでリラックスできるのはいいですが、明晰さが曇ったり、鋭敏さが鈍くなってしまったり、今という未知に開いて在ることがおろそかになったり(分かったと思って、閉じてしまったり)、あるいは、傲慢になってしまう可能性があります。

それに対し、在るの「大丈夫」は、どこかに到達したから大丈夫、何かを得たから大丈夫というものではありません。それは、大丈夫そのものであり、一瞬、一瞬、いつも「大丈夫」、いつも「これでいい」です。
その在り方は、くつろいでありながらも、同時に、気づきそのものでもあることからくる明晰性、鋭敏さ等を持ち、いつも今という未知に開いて在る在り方です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示