純粋な主観性、自覚、自己認識、自己理解

受講者
2週間の間に起こった出来事をお話しさせていただき、
在るへのシフトのお話をしていただきました。
在るへのシフトが起こると、何かを認識した時の主語が、自分、私ではなく、在るになりますというのが印象深かったです。



自分、私ではない、というのは、個人ではないということですね。
自分、私、と自己認識、自覚したとき、
(これもひとつの視点ですが、本当は、表現されるぐらいに粗雑な「自分」、「私」
という感じではなく、もっと微細なものであるという言い方もできます。)、
注意を自分自身に向けたとき、注意を外側の対象から自分自身に戻した時に、
そこに、名前等を持った個人がいるのか、
(関係性や状況等によっては、この認識も必要です。)
それとも、在るが在るのか、で
(感じ方として、認識者がいない、と感じることもあります。
体験を重ね、自己理解が深まっていくことにより、認識者がいない、という感じも、
自然に「自己」と認識できるようになってきます。)
個人の立ち位置にあるのか、在るの立ち位置が在るのかが分かります。
自己認識、そして、自己理解、自分自身をどのように理解しているのかが分かります。

(そういう意味でも、気づいたら戻る、気づいたら在るに戻る━在るを再認識する━
、在るそのものである、ということを基本として実践して頂いています。
これは、自己認識の練習でもあり、そのような実践を地道に積み重ねていくことにより、
基本の立ち位置の在るへとシフトが促され、自己理解も進み、深まっていきます。)

ただ、これはご質問に対して分かりやすく単純に説明にしたものであり、
在るの自己理解にある存在でも、様々な状況、関係性等の中では、
自然に個人は起こってきて、ひとつの視点から言えば
(あくまで、ひとつの見方ということですが)、そのときどきの自然な配分で、
個人が存在全体に配合されている

━例えば、在る80%個人20%、在る1%個人99%、在る50%個人50%等
、他の言い方をすれば、状況によっては、個人多め、在る少なめ、ほとんど在る、
個人強め、在る弱め、等━

という言い方もできます。

(それでも、在るであることの自己理解が深まっていれば、例えば、全体のうち
在るが1%でも、その1%の在るが全体を支え、包み込んでいる状態であり、
また、起こってくる個人、そして、マインドもまた、純化され、透明になっています。
そしてこれは、変わらない源である「在る」と、起こってくる「個人」を識別した視点
からの話であり、起こってくる個人もまた在るである、その本質は在るである、
あるいは、そのまま在るである、すべては在るであると、
“真に知っている”立ち位置からは、「個人などまったくいない」、
という表現も起こってきます。
これは、それぞれの視点、その他、それまで通ってきたプロセス、タイプ、時代背景、
どのような相手に話すのか、全体の中でどのポイントを大事にして話すのか、
今、存在全体の成熟、統合のどの辺りにあるのか、
どこまで見えているのか、どれだけ広く深い視野と多くの視点を持ち、
全体を捉えているのか、等によっても違ってくるとも言えます。
あなたは大丈夫ですが、未成熟なマインドは一面的な見方、
そして、0か100かという極端な見方をしがちであり、
また、完璧主義の傾向があり、現れた世界、現れた個人においては、
絶対にそれに応えられないくらいにとてもとても厳しい注文を出してきたり、
個人が起こることが自然な状況の中でわずかに個人が起こったとしても、
全体にダメだししたり、自分を責めたりする可能性があります。
そのようなことも踏まえ、今回は、状況等によって、個人が起こってくることも自然である
ということを少し書かせて頂いています。)

それは、起こり、現れている状況、関係性を含んだ全体の中でとても自然な状態です。

そして、様々な環境、状況、関係性等がない状態、
それらに焦点を当てる必要がない状態で自己を認識すれば、
いつでも「在る」が在ります。
そしてそれは、純粋な気づき、純粋な主観性そのものでもあります。
それは個人ではありません。
(前述させて頂いたように、感じ方として、認識者がいない、と感じることもあります。
「純粋な主観性」等を含めた体験を重ね、自己理解が深まっていくことにより、
認識者がいない、という感じも、自然に「自己」と認識できるようになってきます。
「自己」としての在るを認識できるようになってきます。)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示