パラドクシカルなものを統合できるのは、在る(愛)

受講者
前回から一週間、
具体的に何かあったわけではないのですが、
あることがきっかけでまた現世的な望みが強くなり、
情動とマインドにひっぱられ、苦しくなっていました。

望みを叶えては
また次の望みをもち、きりがなかった今まで。。

でも、この一年くらいは、そこを超えたところに行きたい!
と、願い、無空さんにもお会いすることが出来ました。

でも、また、強く叶えたい望みが出てきて、
わたしは、まだまだ覚醒への道を目指すには
早すぎるのではないか、
と、望みを渇望するマインドに支配されていました。。

でも、、、前にも無空さんに言われたように、
静けさの中で寛ぎながら、
そこから動いてゆくこともできるのですよね。。



はい、そうです。
現象世界は、源の現れです。
両者はひとつであり、
それは、トータルに生きられるものです。
そして、そのように在るために、
トータルに生きるための土台である、
変わらない本当の自分・真の自己である源
(在る・真我・純粋意識・無限の愛・静けさそのもの・幸せそのもの)をよく知り(自己理解)、
そこ、その立ち位置にそれそのものとして安定して在れるようになり、
自然にすべてが統合されるようになっていくといいですね。


受講者
人のFacebookやブログを読んでいると、
マインドに強くひっぱられがちになります。。
自分も含め、ほとんどの人がマインドで書いているもの。。
あたり前だったのですね。。



様々な思いが現れ、動いています。
それらに気づき、理解しながらも、不要にひっぱられないように、
不動の在るで在れるようになっていきましょう。
あるいは、すべてを透過させることができるよう、
何もひっかからないよう、クリアで透明な在るを実現していきましょう。


受講者
マインドが悪いわけではないけれど、、、
望みを捨てるわけではないけれど、、、

いつでも、静けさの中に寛いでいられますように・・・。
パラドクシカルだけれど、
それを一番の「望み」にしていようと、
今日、そう感じました。



生全体は、ある意味、パラドクシカルです。
ですが、それをトータルに生きることは可能です。
パラドクシカルなものを統合できるのは、在る(愛)です。
在る(愛)で在りましょう。


受講者
まだ少し、遠くに感じるけれど、
無空さんに言っていただいたように、
それを知ってはいるのだから、
何度でもそこに戻れるということに
気付いていようと思います。。



それが大事ですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示