自己理解、再認識は、「在る」それ自身による

受講者
今まで

「私は在るである」と思えるのがいいのかな、大事なのかなと

思っていた所がマインドにあったようで、

「誰もいない」(在るだけが在る)という体験をするたびに

私が在るって、誰もいないじゃん、

私が在るじゃないじゃん。と納得いかないが起こり、

引っかかっていました。

今回「在る。」だけでいいですよというお話が出て、

今となっては何故「私が在るである」と思えるのが

大事だと思っていたのかも分からないのですが、

すっきりしました。



自己理解、再認識は、「在る」それ自身によります。

それを、あえてマインドにも分かりやすいように、

(上記のような補足付きで)「わたしは、在るである」

というように表現する場合もありますが、

実質は、「在る」だけです。

その中に、在るの在るによる自己理解が含まれています。

それが凝縮され、存在しています。

在ることにより馴染んでくると、それが分かるようになって来ます。


受講者
真我探求についてのマインドのあきらめが進み、

分からない、知らない、あきらめた。が主になっています。



中途半端なところでのあきらめは、ある意味、真我から遠ざかってしまいますが、

真我探求を真剣に続け、機が熟したところで自然に起こってくるあきらめは、

自ずと真我をより明らかなものへとしていくでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示