在るに何度も戻ること

受講者
いつものことではありますが

セッション後の録音を聞いてみると、私が話す内容は

「やっぱり何処かへ向かっている」とはっきりと感じてしまうのです

無空さんがおっしゃる「今はそうである」なのですが、、、

職場の中で起こる“感情”とくに“怒り”“イライラ”を何とかしたい

という思いが毎回起こっているのですが、というより

同じ状況が起きても全くそれらの感情が起きない時もあります

相手を批判するエゴトークが頭の中で始まると、始まってちょっとすると、

「それってホント?大げさじゃない?」と気づいて戻ります

なんだか事実を拡大しているのがだんだんと見えてきます。



いいですね。


受講者
ですが、止まらずに起こり続けることもあり、さまざまなんですが

そして、常に自分が有利になることを考えているんだなと改めて感じます



それが分離をもとにしたマインドのある意味、自然な性質です。

在る(全体、ただひとつであるもの、愛)のそれ自身への愛、

それ自身を維持し、保つ力が、マインドとして現れると、

そのようにも働きます。

(ただひとつの力・愛だけが在ります。)

それはとても純粋なものではありますが、分離の立ち位置だけにあると

それはどんどん強化されていくことがあります。

在るの立ち位置に何度も戻り、また、その実践を繰り返しながら、

様々な関係性の中での体験を重ねていくことにより、マインドが成熟、変容していきます。

純度を保ちながら、あるいは、純化されながら成熟していきます。

現れたマインド(現れた私、現れた自己)のそれ自身を守ろうとする働きはとても自然で、純粋なものです。

それは、在る(現れの源、自己)の自分自身への愛の現れ、反映です。

在るに何度も戻ること、そして、現れの世界の関係性を通した体験を丁寧に重ねていくことで

それは変容、成熟していきます。

在るに何度も戻ること、

そのことで、ただひとつであること、愛の質を、分離感、識別、多様性がある現れの世界により浸透させること、

さらに、日常での体験、関係性等の体験を通してそれを浸透させ、定着させていくこと、

それ自身の本質、本質であるそれ、その素晴らしいものを

それ自身の現れにももたらすこと、

それが在るの実現、愛の実現、真の自己の実現です。

そして、それは在るの自然本性(愛)により為されます。

もともとひとつで“ある”ものが、ひとつに“なる”という体験をし、

(あるいは、もともとそうであった、という再認識)

より豊かにひとつであるものとして在り続けていきます。


受講者
よく起こるパターンを何度も掘り下げてみる事が起こったりしますが

いつの間にか、気が付いたら掘り下げてみていくことが終わっていて

マインドが単に逃げているのか、それとも在るに戻っているのか

さっぱりわかりません

ですが、追求することも起こらず、

やっぱりその辺の思考が続かなくなっているような感じがします



変容してきていますね。

それは多くの場合、劇的ではない形で自然に起こっていきます。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示