トータルであること

受講者
今回のセッションではじめてピンときた言葉は”トータル”という言葉です。
今までも
”個人からの視点が現れたとしても、それも含めてトータル、自然ということ”
というお話をしていただいていましたが、今日初めてその言葉に対して理解が生まれたようです。



時機、タイミングというものがありますね。


受講者
今週は風邪をひいていてのどの痛みや違和感を感じていることが多かったのですが、
その中で自然と全体、在るの視点に切り替わることが何回かあり、
痛みの感覚がなくなるわけではなく、ただ”感覚”がある、ただ”感覚”と認識していた部分があるという感じになり、
全体はその”感覚”を排除するわけでもなく、そのままで幸せそのものであった体験があったこと、
それから前回、今回のハートの共鳴で現れてくる言葉と全体が溶け合う=ひとつという体験があったこと、
そして今回改めて、個人からの視点、全体からの視点、様々な視点があり、
どの視点も排除するべきものはなにもなく、どの視点が起こっても、それでトータルであるということを教えていただき、
はじめて”トータル”という言葉の大切さ、
そして”トータルである”というとてつもない真実に対する嬉しさを感じました。



その大きさ、受容力、包含力、調和力、ひとつのものである度、自然さ等は、計りしれません。
その中には、それ自身をも含め、すべてがぶつかることなく、やさしく、静かに、
かつ、それぞれが生き生きとしながら、ひとつであるものとしておさまっています。

それは、とてつもなく豊かで、穏やかで、やさしく、やわらかく、まろやかで、あたたかく、
存在の深み、幅、厚み、奥行きがあり、そしてまた、とてもシンプルで普通で自然な在り方です。

真のわたしたちは、すべてのすべて。
とてもトータルな存在です。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示