在るの実践を地道に繰り返し、境地というよりは、真の自己理解を深めていく

受講者
雑念だらけに改めて驚きました。



在る(真我、純粋意識)に意識を向けるようになると、
起こっていることにもより気づけるようになります。


受講者
早く無の境地にたどり着けるようにがんばります。



在るは、無そのものです。
在るの実践を地道に繰り返し、境地というよりは、
真の自己理解を深めていきましょう。
(状態は自然に移り変わっていきますので。
状態、状況は移り変わっても、理解は影響を受けません。
真の理解は、在り方そのもの、存在そのものとして実現されます。)

スポンサーサイト

無空庵では、長い瞑想等ではなく、日常の中で、在ると現れを何度も行き来することにより、真の在るがままの実現を促していく

受講者
在るを実践していると、ふっと深まる事がありその時は、
何にも無いんですよ。無い感じなんです(本当に)笑



とても伝わってきます。
在るとは、相対的な「ある」、「ない」ではありません。
在るの在り方のひとつとして、(絶対的な)「無い」があります。

(在り方のひとつという表現をしましたが、同時にそれがすべて、
それですべてでもあります━ひとつの在り方が他の在り方のすべてを含んでいます━。
すべてのすべて、あるいは、無限そのものでもある在るのそれぞれの側面ひとつひとつ、
それぞれの在り方ひとつひとつは、すべてそのような在り方をしています。
そのような視点、理解からは、「無い」のひとつの在り方として、「在る」があります。
というような表現でも、まったく同じなのです。)


受講者
呼吸が、おへその下まで、尾てい骨まで、
深く、深く、浸透していくような、
そして、呼吸していることも忘れるくらい

ここはどこだろう。
(調べてみても)
どこでも無い感じです。



はい、それは時空、現れを超えていますので、特定のどこという認識はけっして起こってきません。
そこには、こことあそこというような2点がありません。

どこでもなく、誰でもないもの、それがすべての現れの源、原初そのもの、
ニュートラル、空、無、実在、全体、愛、生命、真・善・美・・・
それは、(現れを含む)すべてを支え、すべてに浸透し、すべてを育み、すべてを包んでいるものでもあります。
どこでもなく、誰でもないものだからこそ、どこにでも在ることができ(どことしても在ることができ)、誰にでもなることができます。
また、同時に現れているすべてとして、現れている世界全体として起こってくることができます。

本質的で、普遍的なものとは、そのようなものです。

また、「調べてみても」がよかったですね。
それであるとき、そこにあるときに、その視点、その理解から、あるいは、その視点自体、その理解自体を
調べてみる、認識してみることは(これはマインドを活発に働かせていくこと、重ねていくこととは違います。)、
それそのものの理解を深め、広げる等の点で、とてもよいことです。


受講者
ただ存在するだけで、癒され、至福を
感じられるって、本当にすごいです。



もっとも単純、もっともシンプルな在り方、
あるいは、単純さそのもの、シンプルさそのものの中に(癒し、至福その他)すべてが在ります。

また、ただ存在するだけとは、イコール(特定の誰かではなく)在るで在ること、
それは、真の自己であること、
ただ自分自身であること、
それがすべてを為していきます。
在ること、無為(相対的な行為、無行為を含み超えた真の無為)が、(癒しその他)すべてを為していきます。


受講者
今回のセッション時にお話をしましたが、
記録として、こちらへも再度書かせていただきます。

公園を散歩し、読書をし、空気や風を感じながら
瞑想に誘われ、目を閉じると、久しぶりにチャクラの色を
見せられました。
蛍光ペンのような、黄緑、赤、オレンジ、黄色、
どれもとても優しい色でした。

見たいと思うと見えないのですが(笑)
見せられた、この感じは、在るであり、
ハートと繋がり、とらわれていない純粋な意識
だから、見ることができた(見せられた)と感じました。



はい。
在るが自分自身に見せた、とも言えますね。


受講者
こういった時は、思考ではなく
感覚的に一瞬で理解が深まります。



直知、直覚、体験即理解、実感そのまま理解ですね。


受講者
そして過ぎ去っていきます。

最近、長く瞑想が出来たことよりも、瞬間、瞬間の今に
深く在る事の方が嬉しいです。



「長く」というのは、時間であり、その認識をしているのはマインド、
(もちろん良い悪いはなく、それがマインドの自然な働きです。)
瞬間、瞬間の今に在る(今=在るであり、今にある特定の誰か、個別の誰かではありません。)、
または、瞬間、瞬間の今であるのは、在る(愛、至福そのもの)ですね。

在るにとっては、長い時間も、一瞬もまったくまったく同じです。
(一瞬=永遠、真の永遠は時間の長さの延長上にあるものではなく、時間を超えています。)
ですから、ある素晴らしい状態に長くとどまりたい、ずっとこのままでいたい、
というのは、マインドであるということが理解できると思います。

(快適さ等相対的によい状態を好む自然なマインド━肉体的な生存本能等も含む━です。
また、本質、源、純粋な事実としての在るの中にも、それ自身と不可分な状態、在り方で、
純粋な「在りたい」、純粋そのものとしての「在りたい」が在ります。
マインドの「ずっとこのままでいたい」等は、純粋な「在りたい」のひとつの現れ、
それが時空の中に現れたときにとられる美しい無限のバリエーションのひとつ、
純粋な「在りたい」の現れと、現れの世界における様々な関係性、環境、
個々の気質、プロセス、成熟度合い等様々な要素が総合された自然としての現れと言うこともできます。)

また、本質である在るをマインド、肉体等含む現れ全体に浸透、統合させていく上で、
在るに何度も戻る、在るであることを重ねていくということは大切です。
そのような意味で、在るであることを長くキープする、長い時間瞑想するということも
ひとつありますが━極端に長い瞑想、長期間の瞑想などを指導者等なく個人で実践すると、
バランスを崩したりすることがあります。
また、「キープしよう」が、ときに、よりマインドを強くする可能性もあります━
無空庵では、長い瞑想等ではなく、日常の中で、在ると現れを何度も行き来することにより
━気づいたら在るに戻る━、
より自然な統合、自然な浸透、日常そのもの、自然そのもの、真の在るがままの実現を促していきます。
そのような意識が自然に起こった場合は別として、在るを長くキープしようというような意識はせず、
ただ気づいたら在るに戻る━一瞬でも━、それをシンプルに繰り返します。
瞑想を習慣にされている方もそれを好んで実践されているのであれば、
それも継続しながら、日常での在るの実践を繰り返して頂いております。)

全体が全体に働きかけている

受講者
最近は本当に鬱と身体の痛みや症状で、何もできず伏せっている事が多く
しかもセッションでお話ししたように自分の感情をガンと揺さぶるような事があり
それで気づく事もあるにはありますが…。

余談ですがこの鬱々が始まったのはマハラジさんの本が届いた辺りからで
あの本、最初は、読むと眠くなって読み進められないという事が多々ありました(汗)
一年の初めに大浄化なのかなとマインドは思ったりします。。。



そうかもしれませんね。
ゼロ意識共鳴の積み重ねにより、真実(今回はマハラジの本)との共鳴が起こりやすくなっているようですね。


受講者
それにしてもここ数回のセッションでは延々と愚痴を語ってしまい(汗)
大変申し訳なく思います。。。



それも浄化のひとつということで。


受講者
自分の中ではもう既に完全解決したと思っていたような事も出てきたりして(汗)



真の力(愛、全体)は、顕在意識レベル、個人レベルだけではなく根こそぎ解消していきます。
それがゼロ意識(在る、愛、全体)共鳴です。


受講者
そして今日の共鳴は…もう、ノドから吐き出したいほどの壮絶な寂寥感が
お腹からノドのあたりにかけて湧きあがってきていました。
具合悪くなりそうなほどでした。

この寂寥感…、一体何なのかと、マインドはつい癖で考えてしまうのですが
全く理由が見当たらず、何かを思いついてもこじ付けのようで

ただ、ふとさっき浮かんだのは、
私は昔から、何かの作品の「最終回」を読むと物凄い寂寥感に襲われる
という事です(汗)

自分の作品でも他者の作品でもそうですが、その物語の「最終回」を読むと
何だかその世界が終わった気がして、物凄い寂しさに襲われるのです。
なので好きになった作品にはドップリ何年もハマり込みますし、
自分の作品の場合は、なかなか終わらせる事ができない、という…。

もしかしたら「自分」という物語から離れる事に壮絶な寂しさを感じてるのかなと
思ったりもしました。マインドのこじ付けかもしれませんが。。。



マインド的な「自分」という物語の終わりを感じられているということは、
とてもよいところまで来ている、ということでもあります。

(それでも起こることはただ起こり続けます。
起こることの“物語化”が終わるという表現の方がより適切かもしれません。)

物語(物語化)が終われば、真実(愛、よろこび)が残ります。

(物語に執着があるうち、執着、その時点においての不必要な習慣等が残っているうちは、
そこに在る真実、それである真実を
愛、よろこび等感じられない場合があります。
━一時的な体験は起こる場合もありますが。━
主体の純化、変容、成熟、また、在るに何度も戻りながら、自覚、
開かれた意識の中で、そこに在ること、それであることに馴染んでいくことで
真実を感じる力、感受性、認識能力、真の理解等を育んでいく必要があると言えます。)


受講者
ともかく、そういった「原因」はともあれ、、、
セッションで無空さんがおっしゃった、
「恐怖」も真我が起こしているというか、共に感じているというか
それが・・・・・。。。


すると寂寥感も真我が起こしている、となり



そこに在るもの、起こるものは純粋で、ニュートラルであり、
それを感じる側の在り方、立ち位置等により、“様々に感じられる”という視点もあります。

また、感じる側の在り方、立ち位置、理解等、そこから来る自然性、必要性に“応じて”、
様々な思考や感情、気づき、理解、その他すべての現象が“真我から自然に起こってくる”、という視点もあります。

ただこの場合、起こってくる現象は、現れた個人だけが原因というだけではなく、

(個人はいない、全体だけが在るという視点からは、原因は何もない、あるいは、原因はそれ自身、
第一のもの、真我、全体であるそれ自身が在ることが唯一の原因と言えます。)

無限に現れた多様性が無限に関係していて、その関係性の中で、様々なことが様々に起こっている、
という理解が、個人を中心にした視点ではなく、全体的な視点からはより適切なものと言えるでしょう。

すべてはただひとつのものである、全体としてひとつであるという理解、

さらには、ただひとつであるものから無限の多様性が起こり始めた、という時間的な視点ではなく、

時間を超えている“それ”は、はじめから一であり、同時に多であった、という視点、

(それは始まりも終わりもないもの、
永遠そのもの、
また、始まりであり、終わりであり、その間のプロセスのすべてであるもの、
アルファであり、オメガであるもの、
最も大きなものよりも大きく、同時に最も小さなものよりも小さいもの、
ゼロであり、無限であるもの、
常に起こり続けながら、真には何も起こっていないもの。)

ただひとつのものであるそれ自身における、それ自身の中での相互作用、
それ自身のふたつの相とも言える一である“それ”と、多として現れている“それ”との相互作用、
一も真であり、多もまた同じく真である、
それはまったく同じである、という視点等が開かれてくると、
理解の助けになるかもしれません。

補足(書かれたことの補足の補足という感じですが)が長くなりましたが、話を元に戻し続きを書かせて頂きますと、

起こったものを感じる方の現れも真我である、
真我だけが在るという視点からも、
すべては真我から起こっている、
(真我から起こるものは真我であり、愛から起こるものは愛であり、全体から起こるものは全体であり、
“それ”から起こるものは“それ”である。“それ”以外在るものなし。)
真我が在るから、そこからただ起こるものが起こっている、

(セッション中は、そこまでお話しできませんでしたが、
“起こしている”ではなく、“ただ起こっている”。
視点の違いからそのように表現される場合もありますが、
「真我が“起こしている”」という表現には、物語が入っているとも言えます。)

起こそうという意図、意志なく、ただ自然本性により起こっている、
現れた個人側で感じる恐怖も、寂寥感も、真我から起こっていると見ることができます。
そして、現れた真我である個人、個人として現れた真我がそれを感じている、
と見ることができます。

様々な視点、立ち位置、理解により、様々に見ることが可能です。

真我は無限そのものであり、それ自身を無限の視点から無限に知っていくことができます。

それぞれの視点、立ち位置、理解は、

(すでにすべてであり、ニュートラルであるそれ、あるいは、無限の可能性そのものであるそれから)

それぞれの世界をつくり、それを体験させ、自分自身を知っていくことを可能にしてくれます。

様々な視点、理解を持つことは、それだけ存在そのものを大きく、豊かで、幅、厚み、奥行きのあるものにしてくれます。

無限そのものであるそれ自身の無限性をより無限なものにしてくれます。

愛をより愛にし、自分(自己)をより自分(自己)にしてくれます。

無限の自己更新、無限の自己拡大、無限の自己成長は、そのようにして起こっていきます。

何も起こっていないその中(愛)で。


受講者
それは自然本性で、原因はワカランというか…。
そして真我はその全てを既に受容しているからそれが在る訳で、
その立ち位置に立つには真我と同様と言いますか、受容しかないとなります。
それが受容できる位マインドが成熟しなければならないという事なのでしょうか…。
どうやったら成熟するかと考えるのはまたマインドなので考えませんが


でも、もう、何と言うのでしょうか、、、

無理だ、と感じるんです。「個人」には。

今まで本当に色々やってきて、「自分が」何とかするのだと頑張ってきました。

色々考えましたし。

だけどもう…光と闇、苦痛と快楽を超えた、言葉で言うならジャンプした「上」
反対側というのか、違う所に立たないと、無理なんだな、と。



真には、今在るところから別のどこかへ行く、ということではなくまさしくそのまま、
真にそのままである、ということでもあるわけですが、
そう在れたときの感じ方、理解としては、そのまま何も変わっていないというのと同時に、
まったくすべてが変わってしまった、
書かれてある言葉で言えば、ジャンプした「上」、反対側というのか、違う所とも
言える、違う立ち位置、違う次元、違う世界に在る、ということができます。


受講者
でもそれは、、、自分では、出来ず。無力感を感じるというか…。



出来るのは、在るの実践。(日常を丁寧に在る、丁寧に生きるということも含みます。)
それに意識を向けること。
それに意識を向け、それとひとつとなり、それそのものとしての自分を思い出すこと。
あるいは、それそのものとしての自分をはじめて知ること。
真に知ること。

個人である自分を強めるような実践は、在るの実現を、ある意味、遠ざけるとも言えますが、
個人をより透明にし、真の自己、在るへのシフトを促すような実践、あるいは、在るとの統合が起こっていくような
実践は有効です。

すべてはただ起こっている、個人ではどうしようもない、意識を向けることも在るから起こっているので
どうしようもない等言われることもありますが、それは個人側、自己を個人として認識している側、
あるいは、極端な言い方をこの場面に限って使わせて頂くのであれば、自己を個人と誤解している側の理解不足によるものと言うことができます。

現れの世界でいう選択、自由意思と、現れを超えた在るの視点からの必然は、別のものではありません。
現れと、それを超えたものとを同じステージに並べて、ひとつの視点、考え方、理解から比べることは
ナンセンスです。
まったく意味がありません。
ひとつの考え方、理解で、両者を貫くことはできません。
現れの世界での個人の自由意思、選択、実践は有効であり、また必要です。

本質、現れの源であり、現れを超えたところから見れば、選択も自由意思もないという視点、理解になりますが、
統合された視点、あるいは、現れを含みながらもそれを超えた視点、
ただひとつであるものの中で起こっているそれ自身における相互作用、

それ自身がそれ自身に働きかけている(愛)、
その働きかけに対し、それ自身が応答、対応、反応している(愛)、

という視点からは、ただ起こることを起こさせているのはただ起こっているもの(愛)ではあるが、
それはやはりすべてのすべてであり、すべての中には、当然、自由意思、選択という質も含まれている、
ということができます。
その質が現れの中で個人を通して起こり、それがまたそれ自身である真我を刺激し、そこから起こるものを起こさせている、
という見方がひとつあります。

(ただこの視点を、全体性に開かれていない個人が、個人の都合で真我を利用しようとすることに使われる場合は、
個人を強化することにもなり、また、その結果は全体と調和していないもの、全体としてのバランスが欠けたものになることがあります。
全体の一部でもある個人━同時に、本質的には全体そのものでもある━が、個人の都合でそれを活用しようとした場合、そのようになることがあります。
なぜなら、個人は全体と離れたものではないからです。)

個人体験の真っただ中にある場合は選択、自由意思はとても重要なものと言えますし、
また、個人を含み超えようとしている場合にも、その実践が個人を透明にし、在るへのシフトを促すようなもの、
あるいは、両者を統合するようなものであれば、それは有効であり、必要なものであるということが言えます。

(場合によっては、個人を十分強め、十分に大きくさせることで、落ちること、透明になることもありますが、
そこからなかなか抜け出せない場合もあるでしょう。
やはり、それぞれのタイプ、今どの位置にあるか等により、それぞれであるということが言えます。)

真の自己を忘れてしまった真我、真我がそれ自身を思い出すため、
あるいは、まだ自己を知らない真我がそれ自身を知るための実践です。

全体がそれ自身である全体に働きかけています。
怖れ等も含み超えた真の愛そのものである本当の自分、
すべてのすべてである本当の自分を知っていきましょう。

個人としての体験も貴重でかけがえのないものです。
真我の自然本性(愛)からそれは起きました。
そして、その同じ愛(自然本性)が、それを含み超えたところ、あるいは、在り方へと、
シフトしていくよう働きかけてきています。


受講者
逆に言うと「自分で何とかしたかった」「達成したかった」と思っていたという事でもありますし
真我に全く委ねられない、信頼がない、ということでもあります。

というか、書いた文章を読んで「まるで真我拒否だ」と思いました(汗)



そのような時期もありますね。


受講者
もう「それが出来ない自分はダメだ」という劣等感と自己嫌悪から
「頑張ってしまう」事をやめない限りは



必要なときには、自然な頑張り(マインド的でない)は起こりますが、
頑張りがどのような在り方から、あるいは、どのようなものをきっかけとして
起こってくるかによって、その質等が変わってきますね。


受講者
でもマインドとはそういうもので

だから「ただそうである」という「ただ受容」しかない、のですが
それが真の理解で、愛、自己愛なんだな、と。


でももう少し、葛藤は続くようです(汗)



はい、起こるがままに。

そして、同時に在るの実践を続けていきましょう。

現れを一時的ではなく、本当の意味で存在全体として真に超えていくには、地道な実践が大切

受講者
日常では、気が付くとマインドと一体化していることが多く、やはり長年の思考習慣は、強いなと。
それを変容させるには、まだまだ、地道な実践を、淡々と続けていかないといけないな、と感じています。



はい、本質的に言えば、現れを超えていく(含み超えていく)ということでもありますし、
その現れ(現象、幻想)は非常にパワフルだということは、過去の覚者方も言っております。
(現れも在るの本性により現れているものですから、その視点からもとても強力なものであると言えます。)

それを一時的ではなく、本当の意味で存在全体として真に超えていくには、地道な実践が大切です。

今はそうであり、全肯定、一瞬一瞬、起こってくるものひとつひとつに、そのような在り方を続けていくと、在るの在り方が徐々に身についてくる

受講者
一年を振り返るということが起こりました

どうしても許せない人というのがいます

基本の在るに戻るを繰り返しながらも

なんのカルマか、どういった学びがあるのかという観点から

いろいろと探るということも自然と起こります

100%自己責任ということが

実際、本当に100%自己責任なのか、本当にそうなのか、本当にそうなのか、、、

何度も何度も書きたい、問いたいところです



自己というのが、在るならそう言えます。

(同時に、在るはすべてから自由でありますが。)

個人レベルの場合は、個のカルマの他に、集合的なものなど様々無限に関係しています。

(現れの源としての在るのレベルから見れば、ただ現れの様々なものが、様々な単位、様々な領域、様々な次元等で
無限に関係していると言えます。)


受講者
人間であることに嫌気がさしていながら

だからこそ止まない本当の自分を知りたい強い欲求

思ったことをいろいろ書いてしばらく間をあけると

思考に巻き込まれているままをそのまま書いていることに気づき

やり方のほうにばかりに囚われていることに気づきます

どうしても解決したいというのがどこかに向かわせます

それも含めてこれでいいのかな。。。



今はそうであり、全肯定、

一瞬一瞬、起こってくるものひとつひとつに、

そのような在り方を続けていくと、在るの在り方が徐々に身についてきます。

現れの世界でついた今は必要なくなっている習慣や癖が徐々に落ちていきます。

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示