シンプルな実践

受講者
いつもなれがあるのか、心が満足しない なんか満ち足りない



在る(真我)は、満ちているそのものでもあります。
在るの実践を継続していくことで、その質がマインド等含め、
存在全体に徐々に浸透していき、存在全体を変容させていきます。


受講者
以前サハスラーラから宇宙に意思を広げていく瞑想をしていました
松果体の部分にエネルギーが上ってきて物凄い歓喜?性的な快楽、
頭を抱えて転げ回ってしまいました 気が狂うと思ったからです



クンダリーニが活性化したのかもしれませんね。


受講者
それからあまりそのような瞑想はしていません 



はい、それがいいです。
シンプルで自然で安全な実践がいいです。
(自然で必要な浄化は起こってくることはありますが。)


受講者
自分の汚れが
(邪気)ともいえるような気が出てくるからです



現れの世界では、いつのまにか滞りが起こっていることがあります。
(状況、環境、集合的なものの影響なども含め)
在る(真我)の実践、在る(真我、純粋意識、ゼロ意識)の共鳴では、
無理なく自然に必要なところから必要な順番で、そして、同時に全体的に、
浄化、純化が起こっていきます。


受講者
早く先生のような境地になりたいと思ってます
ご指導ください



焦らず進んで行きましょう。
沈黙の実践と沈黙の共鳴が、最も自然でトータルでパワフルです。
その上で、必要に応じアドバイス等させていただきます。

スポンサーサイト

無空庵での基本は、気づいている意識(在る・真我)に注意を向けること、あるいは、それそのものであることを気づいたら繰り返していくこと

受講者
セッション中特に何も感じませんでした。



感じる力も徐々に養われていきますので、大丈夫です。


受講者
朝の瞑想時間に普段からTMで言ってるソーマでしょうか?
頭の上から喉、胸の中心になにかが下りてきて気持ちよい
状態にはなりますが、そのほかは特に何もないです



よい感じで瞑想ができているのではないでしょうか。
特別な感覚や体験などは特に期待せず、淡々と実践していきましょう。
在る(真我)は、そのように在ります。
在ると同じように在りましょう。


受講者
実践方法は胸のセンターに向けて私は誰か?と問いかける
そういうやり方でよいでしょうか?



無空庵での基本は、気づいている意識(在る・真我)に注意を
向けること、あるいは、それそのものであることを
気づいたら繰り返していくことです。

どうしても気づいている意識が分からない場合は、
まずは、起こっている思考、感情に気づくことから
はじめていきましょう。

ただ、もし私は誰か?という問いかけをすることで、
在る(真我・真の自己)に意識が向きやすかったり、
現段階で、その実践が一番自然で無理がなく、
実感もあるということでしたら、
「私は誰か?」で、実践を続けてみてください。

シンプルに在るに戻ることを繰り返し、在れる力をつけていくことが大切

受講者
今回も、始まる前に、最近の混乱気味のマインドの話を聞いていただき、だいぶ空間が出来たようなあとのセッションで、その後の共鳴で、ニュートラルのポジションを思い出すことができました。
ああ、基本は、在るに戻るだったと。(笑)



はい、マインドはあれこれ動き回りますが、切りがなく、根本的な解決にはならない場合も多いです。
シンプルに在るの立ち位置に立つ在り方を身に着けていきましょう。


受講者
もうシンプルにこれしかないのに、マインドが暴走しがちの日々です。



在るの実践をはじめると、それに一生懸命抵抗するようなマインドの動きが起こる場合があります。
その抵抗等にも抵抗等せず、そのまま肯定し、気づいたらシンプルに、ただ在るに戻りましょう。


受講者
今週もマインドは、忙しがりますが、ただ観てると、気がついたら、知らない間に消えていて、ぼーっとしていた、みたいな事の多い日々でした。



はい、そのような実践を重ねていくことで、より的確に在れるようになってきます。


受講者
在るに戻っても、なんにもなく、深くまではいけませんが、
日常で、空白の時間が多く(後で気づくのですが)、こんなのでいいのか疑問です。



はい、空白(在る)によりなじんでいくと、より満ち満ちたもの等が感じられるようになってくるでしょう。
(穏やか、平和、静寂、幸せ、愛、自由、真・善・美等、それぞれ、また、そのときどきで感じられるものは違うこともあります。)

空白(在る、真の自己、真我、空、純粋意識)をリアルタイムでより自覚できるようになってくると、感性、認識力等はより高まってきます。
そのためには、シンプルに在るに戻ることを繰り返し、在れる力をつけていくことが大切です。

在るの実践を地道に繰り返し、境地というよりは、真の自己理解を深めていく

受講者
雑念だらけに改めて驚きました。



在る(真我、純粋意識)に意識を向けるようになると、
起こっていることにもより気づけるようになります。


受講者
早く無の境地にたどり着けるようにがんばります。



在るは、無そのものです。
在るの実践を地道に繰り返し、境地というよりは、
真の自己理解を深めていきましょう。
(状態は自然に移り変わっていきますので。
状態、状況は移り変わっても、理解は影響を受けません。
真の理解は、在り方そのもの、存在そのものとして実現されます。)

無空庵では、長い瞑想等ではなく、日常の中で、在ると現れを何度も行き来することにより、真の在るがままの実現を促していく

受講者
在るを実践していると、ふっと深まる事がありその時は、
何にも無いんですよ。無い感じなんです(本当に)笑



とても伝わってきます。
在るとは、相対的な「ある」、「ない」ではありません。
在るの在り方のひとつとして、(絶対的な)「無い」があります。

(在り方のひとつという表現をしましたが、同時にそれがすべて、
それですべてでもあります━ひとつの在り方が他の在り方のすべてを含んでいます━。
すべてのすべて、あるいは、無限そのものでもある在るのそれぞれの側面ひとつひとつ、
それぞれの在り方ひとつひとつは、すべてそのような在り方をしています。
そのような視点、理解からは、「無い」のひとつの在り方として、「在る」があります。
というような表現でも、まったく同じなのです。)


受講者
呼吸が、おへその下まで、尾てい骨まで、
深く、深く、浸透していくような、
そして、呼吸していることも忘れるくらい

ここはどこだろう。
(調べてみても)
どこでも無い感じです。



はい、それは時空、現れを超えていますので、特定のどこという認識はけっして起こってきません。
そこには、こことあそこというような2点がありません。

どこでもなく、誰でもないもの、それがすべての現れの源、原初そのもの、
ニュートラル、空、無、実在、全体、愛、生命、真・善・美・・・
それは、(現れを含む)すべてを支え、すべてに浸透し、すべてを育み、すべてを包んでいるものでもあります。
どこでもなく、誰でもないものだからこそ、どこにでも在ることができ(どことしても在ることができ)、誰にでもなることができます。
また、同時に現れているすべてとして、現れている世界全体として起こってくることができます。

本質的で、普遍的なものとは、そのようなものです。

また、「調べてみても」がよかったですね。
それであるとき、そこにあるときに、その視点、その理解から、あるいは、その視点自体、その理解自体を
調べてみる、認識してみることは(これはマインドを活発に働かせていくこと、重ねていくこととは違います。)、
それそのものの理解を深め、広げる等の点で、とてもよいことです。


受講者
ただ存在するだけで、癒され、至福を
感じられるって、本当にすごいです。



もっとも単純、もっともシンプルな在り方、
あるいは、単純さそのもの、シンプルさそのものの中に(癒し、至福その他)すべてが在ります。

また、ただ存在するだけとは、イコール(特定の誰かではなく)在るで在ること、
それは、真の自己であること、
ただ自分自身であること、
それがすべてを為していきます。
在ること、無為(相対的な行為、無行為を含み超えた真の無為)が、(癒しその他)すべてを為していきます。


受講者
今回のセッション時にお話をしましたが、
記録として、こちらへも再度書かせていただきます。

公園を散歩し、読書をし、空気や風を感じながら
瞑想に誘われ、目を閉じると、久しぶりにチャクラの色を
見せられました。
蛍光ペンのような、黄緑、赤、オレンジ、黄色、
どれもとても優しい色でした。

見たいと思うと見えないのですが(笑)
見せられた、この感じは、在るであり、
ハートと繋がり、とらわれていない純粋な意識
だから、見ることができた(見せられた)と感じました。



はい。
在るが自分自身に見せた、とも言えますね。


受講者
こういった時は、思考ではなく
感覚的に一瞬で理解が深まります。



直知、直覚、体験即理解、実感そのまま理解ですね。


受講者
そして過ぎ去っていきます。

最近、長く瞑想が出来たことよりも、瞬間、瞬間の今に
深く在る事の方が嬉しいです。



「長く」というのは、時間であり、その認識をしているのはマインド、
(もちろん良い悪いはなく、それがマインドの自然な働きです。)
瞬間、瞬間の今に在る(今=在るであり、今にある特定の誰か、個別の誰かではありません。)、
または、瞬間、瞬間の今であるのは、在る(愛、至福そのもの)ですね。

在るにとっては、長い時間も、一瞬もまったくまったく同じです。
(一瞬=永遠、真の永遠は時間の長さの延長上にあるものではなく、時間を超えています。)
ですから、ある素晴らしい状態に長くとどまりたい、ずっとこのままでいたい、
というのは、マインドであるということが理解できると思います。

(快適さ等相対的によい状態を好む自然なマインド━肉体的な生存本能等も含む━です。
また、本質、源、純粋な事実としての在るの中にも、それ自身と不可分な状態、在り方で、
純粋な「在りたい」、純粋そのものとしての「在りたい」が在ります。
マインドの「ずっとこのままでいたい」等は、純粋な「在りたい」のひとつの現れ、
それが時空の中に現れたときにとられる美しい無限のバリエーションのひとつ、
純粋な「在りたい」の現れと、現れの世界における様々な関係性、環境、
個々の気質、プロセス、成熟度合い等様々な要素が総合された自然としての現れと言うこともできます。)

また、本質である在るをマインド、肉体等含む現れ全体に浸透、統合させていく上で、
在るに何度も戻る、在るであることを重ねていくということは大切です。
そのような意味で、在るであることを長くキープする、長い時間瞑想するということも
ひとつありますが━極端に長い瞑想、長期間の瞑想などを指導者等なく個人で実践すると、
バランスを崩したりすることがあります。
また、「キープしよう」が、ときに、よりマインドを強くする可能性もあります━
無空庵では、長い瞑想等ではなく、日常の中で、在ると現れを何度も行き来することにより
━気づいたら在るに戻る━、
より自然な統合、自然な浸透、日常そのもの、自然そのもの、真の在るがままの実現を促していきます。
そのような意識が自然に起こった場合は別として、在るを長くキープしようというような意識はせず、
ただ気づいたら在るに戻る━一瞬でも━、それをシンプルに繰り返します。
瞑想を習慣にされている方もそれを好んで実践されているのであれば、
それも継続しながら、日常での在るの実践を繰り返して頂いております。)

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示