FC2ブログ

無空庵のセッション

古来から、本質を伝えるのは、沈黙の伝授によってなされてきました。

(それが言葉によってでも、他の方法によってでも、その言葉や方法を超えたところが伝えられ、そして、受け取られる必要があります。
また、伝授というのも、視点を変えれば、受け取ろう、知りたい、実現したいという存在が、
それが自身の中に在ること━在り方の可能性として実在していること━、それそのものであることを見ることができるよう,確認できるよう鏡として伝える側が存在していると見ることもできます。)

それが、ときには厳しく感じられたり、疑問や不信感を抱かれたり、不親切だと思われる場合もあるかもしれません。
様々な存在の現れ方があり、伝えられ方も様々だと思います。

すべてが(本質において)全く同等で、自然で真に普通で、在るがままに在れるようになる、
これまでは視点、焦点、立ち位置が違っていたために、違って見え、違って感じられ、違って体験されてきたが、
実は、これまでもずっとそうであった(すべてが同等で、自然で真に普通、在るがまま)、
そして、今もそうであり、さらに、これからもずっとそうである、
それだけがある、
それだけしかない、
ただそうである、
ということが、存在全体を通して腑に落ち、体現、実現されること、
時間、空間のすべて、そこに現れたすべて、今現れているすべて、これから現れるであろうすべてが包括され、
そして、その中に在りながら、同時に超えて在れることが、
存在の自然本性の求めるところのひとつであり、
ひとつの自然で、かつ、大切なプロセスであると理解しております。

無空庵でよく使う簡単な言葉で言えば、ただ在れるようになる、真に在るがままに在れるようになる、ということです。
(このときは、なる=在る 色即是空、空即是色 も理解できるようになっているでしょう。)

本質について話しながら、手取り足取りとても親切で分かりやすく、相対的に進んでいる実感が持て、
個別、特定の領域において、相対的によい結果、望んだ具体的な結果が得られるものもあるでしょう。
それはとても素晴らしいものであると思いますが、
それでも、本質に近づいているようで、まったく届いていない、
ときには、逆に遠ざかっている場合もあるかもしれません。
(本質について話したりしているものの中で、それが一見同じように見えたり、一見似ているように見えるものでも、
ある意味、全く別物と言える場合があります。)
また、たとえ、在るを体験し、知ることができたとしても、在るが主とならず、
その後の現れも統合された真にトータルで自然で普通な在り方から、逆に遠ざかってしまう場合もあるでしょう。
(これもある意味、全く別物ということもできます。
また、「遠ざかる」というのは、存在全体において、あるいは、立ち位置、焦点、在り方、理解等においてということであり、
本質的には、ずっとそれそのものであるということもお忘れなく。)

マインド側、現れた個別存在からは、不親切に感じられることが、本質、存在全体にとっては、最高の親切、絶対の親切である場合があります。

多くの存在、様々な理解にある存在に、同じ理解になるように分かりやすく伝えられる能力は、本当に素晴らしいですし、核に真の愛があるとも言えますが、
そのような能力、才能をもった存在でも、多くの方に分かりやすく同じように伝えられるのは、現れレベルの範囲内のものに限ります。
また、本質をすべての存在に分かりやすく伝えようとする場合は、一面的になってしまったり、薄まってしまったり、表面的になったりすることがあります。
はじめからそのような意図、理解をもってされる場合はよろしいと思いますが、それでも、真に求めている人、あるいは、すでに知っている存在にとっては、それらは、とても表面的で薄っぺらく感じられる場合があります。
逆に、理解の程度やそれぞれの立ち位置、視点により、様々に受け取られる可能性があるのを承知の上で、シンプルな言葉、数少ない言葉
(ときには、様々な側面や相対的な矛盾も含み超え、トータルな在り方を伝えるため、あるいは、ただそれが現れた結果、
マインドでは混乱してしまうくらい非常に多岐にわたる内容で、非常に長い文章になることも含め)で、その存在、その理解から直接に起こる場合は、それは本質を伝えるのに十分な力、響きを持っています。
それは、分かる人に分かる、分かる人にはとても親切に分かりやすく書かれている、と感じられるものであり、
(言葉としては分からなくても、真実の響きが感じられる場合もあります。)
そうでない人にとっては、まったくわけが分からない、あるいは、ただ言葉を使いまわしているだけのように感じられたりするものです。

理解の程度、深さ、広さにかかわらず、理解できる領域(現れレベル)のものと、
それぞれの、また、そのときどきの理解の程度、深さ、広さによって、まったく違ったように理解されるもの
(相対を超えた本質、相対、矛盾を含み超えた真実、トータルな真実))があります。

マインドで分かりたい、誰かに聞いたり、本で読んだり、ブログで読んだりした特定の状態になりたい、という方が強いうちは、
無空庵のセッションは、不親切に感じるかもしれません。
それは、(マインドで分かりたいというところにも、できるだけの範囲でお応えしながらも)そっちではない、そこにはない、
そこではない、というところなので、現状を肯定しながらも、在るの方に意識を向けなおしていただくよう、
何度も何度も繰り返し繰り返しお伝えさせて頂いているところです。


表面ではなく、深いところで何を求めているのか、部分ではなく、存在全体で何が求められているのか、
目先のところではなく、時間、空間すべてを包括し、そこを超えたところから何が求められているのか、
そこにそれぞれの方の(それぞれの方を通した)個々のセッションで、“応えていく”のが、無空庵のセッションです。

(基本的、本質的なところはお伝えしますが、その理解に応じて、また、求めるもの、そして、その求めるものの深さや明確性等において、共鳴度合い、共鳴により起こるもの、応え方等も自然に異なってきます。━これが、在る・自然における適切であり、親切です。━)

スポンサーサイト

共鳴伝授

受講者
セッション後、目を閉じると、私の中にいるみたいに感じました。



はい、本質的には、わたし(真の自己、純粋な主観性、自覚できるそれ)だけが在ります。


受講者
無空さんが穏やかで温かい感じなので、それが感覚として残るような感じがしました。
頭がボーっとして、目が閉じてしまう感じがありました。



共鳴伝授という表現を使えるかもしれませんね。
開かれている質や理解、在り方等が、共鳴により活性化され、感覚され、そして、浸透していきます。

(それは、現れた存在としてまったく同じようになるということではありません。
皆同じようになるということは、現れた自然な多様性にとってまったく不自然なことで、そのようにはなりません。
それは無限の可能性そのものでもある在るの後退です。
無限の更新を続ける在るにとってそのようなことは起こりません。
本質そのものはひとつであり、また、現れた存在にとって共通のものではありますが、
その現れ方はそれぞれがユニークで、それぞれ独特の素晴らしさ、それぞれ独特の美しさ等があります。)

無空庵のゼロ意識共鳴の基本的なスタイル

受講者
セッション中について質問がありメールしています。

共鳴、アイコンタクト、ハート、瞑想と
その時、その時で、感想を答えなければという
思考が動いているのを感じてしまい、
何か、言葉を受け取り、それを表現しないと
という状態になっているのに
気づきました。



はい、それはセッションを受け始められた多くの方、
あるいは、多少なりとも全員に起こっていることとも言えます。

(「表現しないと」の度合いの違いはあります。
セッションを多く受けられている等で、
表現することが自然になっている場合は、
それが限りなくゼロに近くなっていると言えます。)

内側で起こっていることによく気づかれていますね。


受講者
お試しセッションの時に無理に
何かを言おうとしなくてもOKと無空さんに
言われたのに、自然と言葉が出てくる時と
忘れないように、忘れないように、
この在るの状態を表現しなければ、、、
という状態になってしまっています。



まだスタートしたばかりですから、
わたしの方で、特に起こらないのなら話さなくてもいい、
等お話ししていても
気を使われているところ等(それが起こっている)もあるかもしれませんね。

また、聞かれたときに、何か応えようと
感じたことを覚えていようとする必要もありません。
忘れたときは、「忘れました。^^」で、OKです。


受講者
本質に焦点を合わせる事や本質を
認識し、より理解し気づきをあたえる事が大切なのも
感じております。



はい。
そして、その確認(確認により、その理解や気づきはより確かなものとなります。)等のために
ひとつの共鳴の後に、どんな感じだったか、お聞きするというスタイルにしています。

また、どんな感じだったかを話そうとするときに、再度在るに意識がいき、
よりそれを感じようとすることが起きたりすること、
さらには、それを表現しようとすること

(たとえ、表現できなくても、これだけでも十分です。
それを思い出しながら、あるいは、それを感じながら表現しようとすることで、
より在るを強く、トータルに認識することが起こっています。)、

表現されることで、本質がより精妙な現れのレベル、そして脳を含めた物理的な体に浸透していき、
存在全体の変容を促していきます。

(在るを感じながら話すということは、在るのよりパワフルな実践ということができます。
日常では、なかなか同じように在るが分かり、それを共有しながらコミュニケーションをとる、
━沈黙のコミュニケーションも含む━という機会は少ないかもしれません。
また、たとえ在るを知っていても、個人がそれを所有しているケースもあります。
━そうでないケースの方がまれかもしれません。━
そうすると、それはまた違ったコミュニケーションになってしまいます。)

また、共鳴中に様々な思いが起こることも含め、在るがまま、起こるがままで在れる練習を
しているという側面もあります。
そして、前回の感想の返信にも書かせて頂きましたが、
本質(在る)に在り、そして、現れの方に焦点が自然に移動する、
そして、また本質の方に戻る(これはすべての人に起こっていますが、それが自覚、認識できているかどうかは別です。)、
この繰り返しが在るの自然な在り方、動きです。

(これは、一瞬一瞬というスパンから、ひとつの宇宙が生まれ、そして終わるまで等、様々なスパンで起こっています。
別の言い方をすれば、一瞬一瞬とひとつの宇宙が生まれ、終わるまでは同じであるとも言えます。
それが様々な形で幾重にも重なり、起こっているという言い方もできるかもしれません。
ただひとつであるものは、そのような在り方、現れ方をしています。)

そして、大事であり、また自然な在り方とは、焦点の維持固定ではなく、
在るに戻ることを繰り返し、理解を深めていった結果、自己理解がより確かなものとなり、
焦点がどこにあっても、その理解が常に背景にあって
その存在全体を支え、ある意味、自動的に働くようになることです。

(そのような意味でも、共鳴で本質に焦点が当たり、その後お声掛けさせて頂き、言葉が起これば話して頂く、
この繰り返しをしながら、在るの現れへの浸透、定着を促している、存在全体における在るの実現を促している、
ということができます。)

以上、補足も踏まえ、現在のセッションスタイルの基本的なところをお伝えさせて頂きましたが、
もちろんこれは一般的なことでありますので、それぞれの方の今の状態、気質等含め、
ケースバイケースで行っていきます。

あなたがおっしゃるように、本質に焦点を合わせる事や本質を認識し、より理解し気づきをあたえる事が
一番大切であり、それなくしては、その現れへの浸透もありません。

(直接感じられなかったり、自覚がなくても、共鳴による浸透や変容は起こっていきます。
また、それが後日、さらに数か月後、数年後等に感じられたり、気づきや理解が起こることもあるでしょう。)


受講者
在るを静かに感じていたいという思いが出てきています。



はい、今起こっていることを優先させましょう。
そして、それを実感し、体験してみることが大切です。
それがあなたには一番合っていて、ずっとそのスタイルが一番いいかもしれませんし、
それは必要なだけ続いて、また今のスタイル、あるいは、また別のスタイルになるかもしれません。

いずれにせよ、今(一瞬一瞬)在るで在って、在るがまま、起こるがままに。


受講者
セッションの共鳴、アイコンタクト、
ハート、瞑想と全てが終わるまで、
感想をお伝えせずに
進めることは可能でしょうか?



はい、可能です。
在るそのものがそうであるよう、本質と現れの行き来のスパンは、様々であってもOKです。

(セッションは30分ですし、またわたしも共に在りますので安全ではありますが、
没入しすぎるタイプの方等様々なタイプの方がいらっしゃることや
浄化の起こり方等様々な面を考慮し、現在の基本的なスタイルにしております。
週に1回ということも含め、もっとも無理なく、もっとも効果的に存在全体の変容、自己理解等を進めていける
基本的なスタイルとして現在の形にしております。)


受講者
今までも意識共鳴や瞑想中も思考が動き
在るをうまく感じられない時もありましたので
それだけの問題でない事も感じてはいます。



共鳴中は、在るに焦点を当てること、在るであることで浄化が起こり、
その現れとして、思考、雑念、感情、体のどこかに何かしらの感覚等が
起こってくること等あります。
起こってきているものが強めのときは、在るに注意を向けようとしても難しい場合があります。

それはとても自然なことです。

そして、思考等が過ぎ去り、無理なく在るに意識を向けられるようになったら、
ただ在るに戻ってください。


受講者
今、こう感じている事が一時的なものなのか
私の気質的なものなのか、
よくわからないのですが、こういう事も
よくあるのでしょうか?



はい、あります。
やはりより感じたい、よりしっかり感じたい等の思いは自然に起こってくることがあります。
あなたの場合は、より本質的なところからの感じがしますが、
中にはそれが強すぎて力みになっていて、それを実践を繰り返す中で、ご自身で気づかれたり、
セッションでの確認で気づかれたりしながら、さらに自然な実践、自然な在り方となっていきます。

確認は必要ではありますが、在るに戻ることを繰り返せば繰り返すほど、
その実践、在り方は、より洗練され、より的確なものとなっていきます。

ゼロ意識共鳴は、存在全体を包含する共鳴

受講者
私は普段人と話すときは、どんな風に話したらいいかな?とか
どんな方かな?とか、相手のことを先に考えてしまう傾向にあるのですが、
初めて無空さんにお目にかかったときに、
普段のようにいろいろ考えようにも、何も浮かばず
不思議な方だな~と、とても緊張していたのです。

ところが、今回の共鳴の途中で何かのどにつかえていたような
ブロックされていたようなものがなくなって、
体の中がスムーズにエネルギーが流れるような感覚がしました。
8回目にしてやっと緊張から解放されて、心がオープンになり
無空さんと素直に共鳴できたように思いました。

初めに感じていた無空さんって不思議な方だな~というのは
名前のごとく、無であり空であり、
つかみどころのないとても透明な感じだったからです。
マインドではとらえきれないものだったので、そう感じていたのでしょうね。

そのようなつかえていたものがなくなると、
なぜか涙が出てきたり、しあわせだな~という感覚が起きたり
という共鳴でした。感謝です。



マインドを超えて本質に直接触れた、本質と直接つながったという感じかもしれませんね。
素晴らしい共鳴でしたね。

共鳴と言っても、様々なレベル、様々なものとの共鳴があると言えますが、
ゼロ意識共鳴は、存在全体を包含する共鳴で、
その影響はマインドやその他現れのすべてに及びますが、
同時に、それら現れのすべてを超えた領域、場、
場を超えた場、本質を超えた本質での共鳴になりますので、
そのときどきで、そこからの自然な反応(現れ的には無反応ということも含めて)
が様々な形で起こってきます。


受講者
普段の生活の中でも何事もないときに、ふとそのときにしあわせだな~という
何かもぞもぞするような感覚を感じたりしています。



とてもよい感じですね。
在る(本当の自分、真の自己、真我)は、しあわせそのものです。
それが日常にもより浸透し、活性化してきていますね。
それは、何ものにも依ることなく、ただしあわせです。

共鳴を始めると、様々な調整や変容が進んでいくので、一時的に眠気等が強く出ることもある

受講者
ハートが満開のセッションで始まった今週だったのですが
眠くて眠くて、とにかく眠い1週間でした。
眠いのは身体なんだから、在るの実践!と向けてみても
眠くて眠くてどうにもならず・・でした。



共鳴を始めると、様々な調整や変容が進んでいきますので、
一時的に眠気等が強く出ることもあります。
そのようなときには、可能な範囲でできるだけ休むようにされると
調整や変容もスムーズに進んでいきます。

また、共鳴により眠気が強く出ているようなときには、よく休むことが在るの実践とも言えますね。
狭義には、在るを意識すること、在るに戻ること、在るそのものであることが
在るの実践(同時に、在るの実現でもあります。)と言えますが、
その実践、実現を繰り返していくことにより、在るの理解が広がり、そして、深まり、
日常生活におけるすべてが、在るの実践、在るの実現、愛の実践、愛の実現、
平和、幸せ、真・善・美の実現となっていきます。


受講者
そんな1週間でしたが
使命感がくっついた願望が、いつの間にか落ちてなくなっていることに気が付きました。



はい、在るの視点、その立ち位置から、今は必要ではなくなったものが自然に落ちていきます。
その過程で、眠気等が起こってくることがあるということですね。

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示