【リンさんとのやりとり】それは、ただ 気付いてあげていられるところまできてやっと分かりました。

今回は、リンさんから頂いたメールとのびのびの返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

***************************

のびのび さん



おはようございます


昨日は 沢山の時間を
共有して頂き
本当にありがとうございました。




あれから
色んな 思いが あらわれ

今は、何をしても
ピッタリこず

何かをしようとしても
疑心的というか

偽善的というか


自分に嘘があるんじゃないか


と、そう感じます





昨夜も 実は
のびのびさんに
まだ話してないことがあり
それを メールに書いていたのですが

なんだか
下心みたいな ものを
自分に感じ

送れませんでした




のびのびさんの
人生を 聞きたいな

とは
真っすぐ思いましたが



思考が巻き、聞かせてほしい

と 言う行為に至りませんでした







現状は
今、こんな感じです



微細な 嘘というか

気付いていなかったものが

何かあるように感じながらも

よく 見えません


まだ モヤモヤしています





何もないところ


にいて



朝から 起こることを


眺めていますが



気付きの微細さ エリアが増え


感情や思考のテロップが多過ぎて


ついてゆけません





なにもないところも

やはり

逃げ場にしているというか
そんな感じもしています







そのまま、ごちゃごちゃ書いたので


申し訳ないです。






かといって

どうしようもないくらい
では ありません



ひとつ ひとつ やってゆきますね。





取り急ぎ

現状のご報告と

お礼を書こう。と書きました。





こんな文ですみません。



リン

***************************

リンさん

おはようございます。
今、出勤途中です。

メールありがとうございました。

本当のリンさんは、澄み渡った青空のように、何もなく、何でもなく、自由で平和で幸せです。
ただ存在し、気づいていて、すべてを見守っています。

現れは関係ありません。

本当の自分の立ち位置に在ること。
そこは、何が起こっても揺らぐことのない真の幸せの場所です。

ただ在り、起こっていることに気づいていればいいのです。
体験を重ねるうちに、現れからより離れていられるようになります。

本当のリンさんは、決して一人ぼっちではなく、すべてであり、絶対の安心そのものです。

のびのび

***************************

のびのび さん



今朝は
ありがとうございました。

頂いて すぐの頃に
拝見していました。



出勤の道中、気にかけて下さり、メール頂き、本当に、ありがとうございました。



朝、
あのメールを書いてから

じっと、何かが止まっていました。


なんだか メールを書いたあの文書全てが

その流れや、やり方、ストーリー全てが
古いパターンのような気がする。


そんな 気分が起こっていました



じっとしていました。
パターンはどうすることも出来ず、パターンのまま

そのまま
いくかもしれない


だけど
それと
わたしは

また
違う


関係ないな。。





そして
だんだん 薄まって
あらわれたのが


一貫性がなくなる ことへの不安


でした



毎瞬生まれ生まれる人格
なんて不安だ


との思いもありました




それに気が付いたら


軽くなり




ぼんやり のびのびさんを
思っていました






昨日の会話 や
話していた こと が

ただ 思い出されましたが

わからない 掴めないも
そのまま見てました





景色が流れていくみたいに

大切なこと なのに


ただ流れていました







そして


のびのびさんから
メールを頂きました


澄み切った、青空のようなメールに
触れたとたん



青空が 響いてきて

うまく 言葉では言えませんが

理解となった というか


澄み切った 空となりました




顕れは 関係ありません

澄み切った 空

自分自身




染み渡っていました







それから、ずっと



ただ ひたすら

聞いています




人の話しも(起こること)

感情とかも

ただ、気付いていて
聞いています


ぽつりぽつりしか
思考が浮かばす


何にも考えないというか

浮かばないというか




なにもない
だだっ広いところ に

在り



だからといって
普通です


時々、そこから、言葉が起こりますが

ただそれだけで
意味はありません


喜び とか なんとか

ありません



でも じっと いられます





こういうことは
初めてです。





ひたむきに

ひとつひとつやってゆきます




のびのびさん

このような体験に
お付き合い下さり、
本当に すみません。


有り難く、申し訳なくも思います。




助けられています。


ありがとうございます。





リン

***************************

リンさん

メールありがとうございました。


そのままで、そのままで、いいのですよ。


おやすみなさい。

のびのび

***************************


***************************

リンさん

メールありがとうございました。

> のびのび さん
>
> ^^
>
> お知らせ下さり、ありがとうございます。

> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>
>
>
> あと
>
> お昼に確認させて頂き、
> より理解というか
> これでいい。
> これでいく。というような、肯定と認識、覚悟が深まったようで
>
>
> 気が付くと、視点が随分変わったように感じます

自己理解がより深まりましたね。
自分自身が何者であるか、その理解の力により、幻想は幻想と見抜かれ、力を失い、消えていきます。

それでいいのです。
リンさんの在り方がより確かなものになっているのです。

地道に、真摯な姿勢で実践してこられ、在り方、理解が、トータルで、しっかりとしたものになってきましたね。
本当に素晴らしいです。

>
>
>
>
>
> これまでは、
> 他者の気持ちにどれだけ、染まれるか
>
> 理解できるか ばかり
>
> 注目してきたのだと
> 視点が変わってから気付きました
>
>
>
> イタコは その極み でした

そうだったのですね。

>
>
>
>
> あれから、他者の 深刻な人生相談を受ける。
> ということが 起こりましたが、
>
> 意識は
> 自分の内に起こる ものに向かっていました
>
>
>
> 他者は、どちらでもよく
> その 出来事で
> どのような ものが
> 私(個人)に 起こるかが
> 着目でした

それが、真の愛です。
そのように在ることで、相手の方にとっても、真の意味での大きな助けとなりますね。

>
>
>
> 相手には
> 開いて在りながら
>
> 言葉が起こるなら起こり
> 起こらないことにも
> 焦りはあまりありませんでした。
>
>
>
>
>
> 意識は
> 内に向かい開いていました

素晴らしいですね。
しっかりと、気づいて在りますね。
愛そのものである状態です。

>
>
>
>
> 人生が ぐるり と
> 変わった感じがしました
>
>
> 人生の味わい方
> 在り方
> それがぐるっと、変わった。
>
> そう感じる出来事でした。
>
>
>
>
>
> のびのびさん
>
>
> ひとつ ひとつ やってゆきます。

はい。
そのひとつひとつの体験の積み重ねが、大きな力となっていきます。
そしてそう在ること自体が、すでにゴールであり、ゴールに在り続けることで、自然に深まっていきますね。

>
>
>
>
> ほんとうに、ほんとうに、
> ありがとうございます。
>
>
>
>
>
> 自分自身である
> 自分自身に
>
>
> 深く 言葉では現せないくらい
> 有り難い気持ちが
>
> 起こっています。

はい。

>
>
>
>
>
> 本当に
> ありがとうございました。
>
>
>
>
> リン

本当に素晴らしいです。
ありがとうございました。

のびのび

***************************

リンさん

メールありがとうございました。


> のびのび さん
>
>
> ご連絡ありがとうございました。

> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>
>
> 今日は、書くまで何だか色んなことがあり、なかなか、そのお返事さえ書けずにお
> りました。
>
>
>
>
>
>
>
>
> 今朝は、
>
> 早くから目が覚め
>
> 思考がザワザワしているのに気付いていました。
>
> しばらくして、布団を出て、何故か、コーヒーを煎れました。
>
> 豆が膨らむ姿を ぼんやり見ながら
>
>
>
>
> 主体が失くなる
> 失くなったんだ
> と
> 突然気付きました
>
>
>
> ここのとこの
> ひっかかりのようなものや
> グルグルは
> 全てそれにまつわっていました
>
>
>
>
>
> 気付くと 軽くなりました
>
>
>
> 主体を失ったまま
> 行為は淡々と起こってゆきました
>
> 言葉や感情も
> その時その時に、起こってゆきました。
>
>
> そこには
> 一貫性などという縛りは、ありませんでした。
> 気付いている意識と、顕れが、愛に包まれたまま、ありました。
>
>
>
>
> それは
> とても軽やかでした
> 心は、静かでした。
>
>
>
>
>
>
>
>
> それから 車に乗り
> 職場に向かいました
>
>
> のびのびさんのことを
> 思い出していました
>
>
> これまで
> 学んだこと
>
> 出会った 言葉
> 出来事が、流れてゆきました。
>
>
>
>
> ・・・
>
>
>
> 突然、 理解しました。
>
>
>
> 全ては 許されている!
> 起こっていることは、許されている!
>
>
> 許されているから、起こっている!
>
>
>
>
> とても深い 許しが起こり
> 涙が溢れました
>
>
>
>
> ああ。
> 私も 許されている。
>
>
> 深い 愛でした
>
>
>
> 私なんか、生まれてこなければよかった。と、小さい頃から思っていました。
>
> 無空さんに、
> 存在しているだけで、全ては許されている
> と、以前に言われましたが、分かりませんでした。
>
>
>
>
> やっと分かりました。
>
> こういう ことだったのですね。
>
>
> それは、
> ただ 気付いてあげていられる
>
> ところまできて
> やっと分かりました。
>
>
>
>
>
>
>
> 職場に来てからも
> 気付きで ただ 在りました
>
>
>
> エレベーターで
> 状態の悪いご老人と二人で一緒にいたとき
>
>
> 突然、理解しました
>
>
> この、病気にかかった老木のようなご老人は
>
> 祝福されている
>
>
>
> 許されている
>
>
>
> 病気も ただ 許されている
>
>
>
> 泣きそうに なりました。
>
> 泣きそうな顔をしていると、ご老人は、私を見て、ニッコリ笑ってくれました。
>
>
>
>
> ああ
>
>
> 許されているんだ。
>
> 深く理解しました。
>
>
>
>
> ずっと以前から
> 何故病気になるのか
> このような苦しみを体験しながら、生き長らえている事を、よしとしていませんで
> した。それを思い出しました。
>
>
>
>
>
>
> 気付き以外にも
>
> 日常のなかで 理解が浸透しているのを感じました
>
>
> 機嫌の悪いスタッフや
> 気になる態度をとる 人がいました
>
>
> どうしたのかしら?
> ~したからかしら?
>
> と、始め意識は相手に取られますが
> 理解が働き、意識は自分に起こる感情や思考に開かれて行きました。
>
>
> 相手の思考ばかりに捕われていた世界とは 味わい方が変わりました
>
>
> そして
> そこにこそ 人生を見出だせる。そんな気がしています。
>
>
> 私の前に 世界は起こっていて、どこかに行かなくても、小さい小さい出来事にも、
> 味わいや 優しさを感じます。
>
>
>
>
> のびのびさん
>
>
> このようなところまで導いて下さり、本当に本当に、ありがとうございます。
>
>
> 全ての全てに
> 感謝しています。
>
>
>
>
>
>
> リン

真の愛を理解されたのですね。

本当に素晴らしいです。


愛だけが存在しています。

愛そのものとして在れば、すべてが愛だと感じることができます。


書かれてあるように、一貫性などという縛り、枠などは、ありませんね。

個人の自分や他人というものなど、はじめからなく、ただ愛だけが在ること。

病気や生死というものなど、はじめからなく、ただ愛だけが在ること。

マインドにとらわれた部分的な見方ではなく、愛の立ち位置から全体的に見れば、そこにある真の姿が見えてきます。

すべての真の姿は、とても美しく、素晴らしいです。

現われの真の姿、あるがままの姿にただ気づいている。

偏りなく、まるごと見守り、ただ許している。

愛は、とてもやわらかく、やさしいですね。

愛そのものであることは、何と幸せなことでしょうか。

体験を重ねたトータルな理解の力が、自然に愛の立ち位置に立たせてくれます。

リンさんは、愛そのものであり、許しそのものであり、祝福そのものですね。

のびのび


スポンサーサイト

【M・Kさんとのやりとり】すべては愛から起こる愛の表現です。

今回は、M・Kさんから頂いたメールとのびのびの返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

**************

M・Kさん

今日は、M・Kさんのことが何度も何度も浮かんできていました。

「今日はよく浮かんでくるなあ」と感じていましたが、帰ってパソコンを開いたら、メールが届いていました。

繫がっていますね。

>
> すみません。
>
> 投げ掛けです。
>
>
>
>
> 無常に たいする
>
> 悲しさ
>
> が 起こっています
>
>
>
> 顕れ に 対する
>
> 味わい を
> 完結して ゆけません

それもそのままでいいですね。
起こってきているのですから。
起こってきていることに気づいているだけです。
起こってきていることを体験するだけです。
>
>
>
> 空に立脚すると
>
>
> 見える世界は
>
> 変わるのでしょうか。
>
>
> 慈しみ として
> ただ、
>
> 味わい
>
> 置いてゆけるのでしょうか。

顕れにはとらわれなくなります。
何が起こってきても、「それでいい」のです。

在るそのものとして在ることが幸せなのです。
自分自身が幸せそのものなのです。

そして、起こってきた顕れを楽しむだけです。
思考や感情も含めて。

自分自身が幸せそのものなのですから、何が起こってこようとその幸せは変わりません。
顕れは顕れと知って、ただ味わわれるだけです。

実践を重ね、在るがよりしっかりとしたものになってくれば、徐々にその感覚が分ってきます。

>
>
>
>M・K

のびのび

**************

M・Kさん

>
> のびのび さん。
>
>
> 昼の合同共鳴が終わりましたね。
>
>
> みたものは
> 無常 も 執着 も
> 顕れでした
>
>
> 気づき
>
>
> と、顕れしか
> ないのですね。

そうですね。

>
>
> 気づき
> に
> 在るとき
>
> 台風の目のように
> 鎮まっています

はい、そのような感覚ですね。

>
>
>
>
> 気づき
>
> に鎮座しているか
> どうか。
>
> ですね。

そうです。
そこに在れば、何が起こってきても不動です。

>
>
> ひとつ ひとつ
> ふーふー 言いながら(笑)浄化です。

そうやって、在るが大きく育っていきます。

>
>
> まだ、先は、長いなぁ~~~(-.-;)
>
>
>
> ありがとうございます。
>
> M・K

着実に進まれていると感じます。

ありがとうございます。

のびのび

**************

M・Kさん

メールありがとうございました。

> のびのび さん へ
>
>
> お返事頂いたこと
>
> とっても 嬉しく ありがたかったです。
>
>
> 昨日は、お返事を書こうと何度も 思うのですが 書けず
> 午後から 異常にぐったりし、夜中も 眠れず おりまして
>
>
> のびのび さんから 頂いた言葉を なんども 読んでいました。
>
>
> 頭では分かるのですが
> 得心していないのも感覚的に分かっていました。
>
>
>
> 思考が動き
> 感情が動き
> それを、たんたんと
> 見つめ、ぼーっと して いたので
>
>
> 疲れていて、夜中、桃を食べようと 起き出し、星を見ながら桃を食べていたとき
>
>
>
>
> 体験から
> 何を 思う か(思いが起こるか)
> 何を 感じるか(感情や感覚が起こるか)
>
> は
>
> 私という 箱に
> あてがわれた
> ものなのだ
>
>
> ゆえに
>
> わたし が 感じていること
>
> 相手は
> また 違う ものを あてがわれいて
>
>
> 個人的なものであり、
>
> そして
> これも 私の ものでも ないのだ 誰のものでもないのだ。
>
>
>
>
> と
> 思いました。

そうですね。

>
> ただ
> 味わうだけ。
> 味わい 言葉や 行為 も顕れるなら
> それもまた 味わうだけ
>
>
>
> と 感じました

はい。

>
>
> 辛さ や 悲しさ 切なさ
> 嫉妬 劣等感 無価値感
>
>
>
> それらも
>
> ただ、感じていると
> 素敵な アートのような
> 顕れでした
>
> 意味づけをしなければ
> 感謝や、やさしさ と同等の アートに感じました

はい、顕れは顕れであり、すべて同等で、あるがままの姿はすべてが美しいですね。

>
>
>
>
>
> 桃を食べ終わり
>
> 外を歩いていたとき
>
>
> ふと 頬をなでる風のように
> のびのび さんの 見ている世界の片鱗を感じたような気がしました
>
>
>
> 風のような
> その感覚は
> すぐ消えてゆきましたが
>
> あの 境地なら
>
>
> 他者の人生をほしがらず
> 今、私に起こっている こと を味わい
> 満足してゆける
>
> そんな気がしました。
>
>
>
> 本当にありがとうございました。
> 在るで 在る ことが
> 幸せ。
> そうなったとき
> 本当に、救われる気がします。
> 私には、まだ、よくわかりませんが、ひとつひとつ体験してゆきます。

そうですね。
ひとつひとつの体験を通して、感じ、気づき、理解が深まっていきます。
体験を通して、真我が自分自身を知っていきます。

>
>
> いつもいつも、ありがとうございます。
>
>
>
>
> M・K

こちらこそ、ありがとうございます。

のびのび
>
>
>
>
> 追伸
> ――――――――――――――――――――
> ――――――――――――――――――――
> ――――――――――――――――――――
>
> そんなこんなで
> 強烈な浄化中です。(-.-;)
>
> ありがとうございます。

起こっていることに気づいているのでいいですね。

ただ在り、起こる思い、感情、感覚、すべてを楽しんでください。
感じてください。

いろんなものが起こってきているでしょうが、そのすべてを許し、受け容れ、見守っていてください。
M・Kさんのなかに起こってきているものをそのまま感じてください。

すべては愛から起こる愛の表現です。

**************

M・Kさん

メールありがとうございました。

>
> のびのびさんへ
>
>
> お返事下さって
> 本当にありがとうございます。
>
>
> >ただ在り、起こる思い、感情、感覚、すべてを楽しんでください。
> 感じてください。
>
>
> はい。
> 本当に、そうだと思います。
> そうします。
>
>
>
> >いろんなものが起こってきているでしょうが、そのすべてを許し、受け容れ、見
> 守っ
> ていてください。
> M・Kさんのなかに起こってきているものをそのまま感じてください。
>
>
>
>
> はい。
> それが 正しい。 と感じます。
>
> 正しいは
> 正され、整えられ
> 愛が愛として
> 包まれている正しさ。です。
>
> 味わい
> 見つめてゆきます。
>
> 全ての全てを
> みてゆきます。

はい。
ただ在れば、あるがままが味わわれますね。


>
>
>
> >全ては 愛から起こる愛の表現です。
>
>
> そうなのですね。
> そうなのですね。
>
>
>
> 透明に晴れ渡ります。
>
> 全ては 愛から起こる愛の表現。
>
> それを ほんとうに
> ほんとうに知っている
> のびのびさんの 言葉は
>
> 雨上がりに差し込む、一筋の光のようです。
>
> 全てを 整えてくれます。
>
> 本当にありがとうございました。
> 愛が 喜んでいます。
>
>
>
> M・K

全体にとって必要なものであれば、自然に実現されます。
必要でないものは、ただ消えていきます。

大切なことはただひとつ、在ること、愛で在ることだけです。

顕れはいつでも「どっちでもいい、すべていい」です。

ありがとうございました。

のびのび

>
>
> 追伸
> ――――――――――――――――――――
> ――――――――――――――――――――
> ――――――――――――――――――――
>
>
> ありがとうございます。
>
>
>
> のびのびさの 存在に感謝しています。
>
>
> M・K

――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――

在れば、すべてOKです。
在ることができないときがあっても、それもOKです。
すべてが在る(愛)の表現です。
在る(愛)しか存在していませんから。

ありがとうございます。

のびのび


【コメント欄より】「どう在るか」なのですね。 ほんとに、どう在るか。なのですね。

今回は、M・Kさんから頂いたコメントとのびのびの返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その2)
(コメント欄からの転載です。)

**************

のびのびさん


昨夜は、お忙しい中(合同共鳴の進行役をされていたのですね(^-^)!)

そんな中、わたしの書き込みにも、あたたかいお返事を下さって、なんとも申し訳なく、また、ありがたく。
のびのびさんのエネルギーを、昨夜から何度も読み返し、浸っておりました。



あたたかい気持ち。

ひろいひろい愛。



そんな朝を迎え、今朝はまだモヤモヤがありました。
仕事に出てきて、身体は、ただ、仕事をこなしながら、しばらく、ただ、じっと、していました。
イライラもそのまま。
モヤモヤもそのまま。
気付きでいられないのも、そのまま。


身体を動かしながら、あるとき、晴れてきました。

全体を見ている。
全体で在る。

私個人の肉体も、私個人のストーリー(マインド)も、他者も、出来事も、

ずっと下にあるみたいに。山の上から、ただ、景色を見ているみたいに。


ああ。

ああ。

『どう在るか』なのだ。


「どう在るかなのですね。」のびのびさんは、無空さんに何度も何度も、そう言われていました。

私は、それに気がついた時、のびのびさんの、このフレーズが、のびのびさんの声(実際はまだ聞いたことがないのですが)で聞こえたように思いました。

「どう在るか」

なのですね。


ほんとに、どう在るか。なのですね。


どこに自分はいる「在る」か。

わたし。として認識しているか。


マインドはそのままでした。ストーリーもそのまま。周りも、そのまま。

けれど、わたしは、それを越えていました。

ただ、見ている。
愛で見ている。溢れる愛でただ、見ている。

マインドと戦うのではなくなんとかしようとするのではなく、どう在るか。


こうして、何度も何度も、やってゆくのですね。

「どう在るか」
大切にします。

ありがとうございました。
M・K

2012-03-23 : M・K

・・・・・・・・・・・・・・

のびのびさん


今日も一日、ありがとうございました。

のびのびさんが言われた

「ただ そうである。」

を噛み締めています。


ただ そうである。

は、

在る とき
に ただ そうなんだな。

と、分かるのですね。


在る とき
ただ 起こっている。が感じられます。

だから、どんなにマインドが揺れあなたに訴えかけたとしても

のびのびさんは
ただ そうである。

と言われ
また
それ以外はなく
そうとしか言えないのですね。


深い共感と
深い愛を

ありがとうございました。


わたしという個人は
わたしが本当に自由になりたくて
わたしが本当に幸せになりたくて
ここまできました。

けれど、
それを叶える為には
わたし を落とさねばならず

それを、しみじみ思いました。


まだまだ 多くの とらわれがあるのだろうな

ひとつひとつですね。



今日も、本当にありがとうございました。


M・K
2012-03-23 : M・K

・・・・・・・・・・・・・・

M・Kさん

どんどん理解が深まっていらっしゃって、本当に素晴らしいです。

M・Kさんが、ご理解されているとおりです。

こうやって、浄化の度に、理解が深まり、在るが確かなものになっていきますね。

そして、どんどんそれそのものの質である、自由、平和、喜び、幸せ、愛に開かれていきます。


ありがとうございました。

のびのび


2012-03-24 : のびのび


【コメント欄より】やはり「ただそうである」です。

今回は、M・Kさんから頂いたコメントとのびのびの返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その1)
(コメント欄からの転載です。)

**************

M・Kさん

コメントありがとうございます。

> のびのびさんへ
>
> すみません。
> 今日は、問いかけが起こっています。
>
>
> わたしの中の『個人』が泣いています。
> わたしは、昨日からずっとそれを、見ています。
>
>
> わたしという個人の手の平から、いろんな貯めてきたものがこぼれ落ちてゆくのを感じているようです。
>
> それを嘆いています。
>
> なにも言えない、ただ、ただ、見ています。
>
>
> 昨夜は、フラダンス教室に久しぶりに行きました。
> 久しぶりに出かけた、フラダンス。
> 踊れなくなっていました。身体が衰えていました。
>
> 踊ること自体も、見ることも、喜びそのものだったのに、楽しい。と、感じなくなっていた。
>
>
> それ以外にも、全体性で在る。に意識を合わせていると、個人は特別なものでなくなり、わたし(真我)はどんどん軽くなり、それゆえ、今まで掴んで離さなかったものに違和感を感じ出し、実際手放そうという行為まで生まれます。
>
> 分離しながらもある、わたしのマインド(個人)は、それを嘆く。努力して積み重ねてきたものを、こんなには不適切です。と、取り上げられていく感じがあります。
>
>
> 喜びだったもの、可愛がっていたもの、守って執着してきたもの。
>
> 執着し、努力し、離さずきたものが、わたし個人の手の平からこぼれてゆく嘆き。
> 泣いています。
>
>
> わたしの中は、こんなふうに個人と、育まれようとする真我に分れて内在しています。
>
> じっと、見ています。

本当の自分(真我)に気づくと、一時的に現れの世界に価値を感じなくなるということが起こるかもしれません。
大切だと思って執着してきたものに価値を感じなくなる、それにマインドが抵抗しているのですね。
そのことに、よく気づいていますね。

やはり「ただそうである」です。

そして、真我の視点からは、快も不快も同等です。
ただ起こっていることを体験するだけです。
それが、真我の在り方です。
何が起こっていても、真我は全く影響を受けません。

何度も何度も体験を繰り返すことによって、その在り方に馴染んできます。
気づきの力が強くなり、また、在ること自体が喜びになってくれば、起こっていることに巻き込まれにくくなってきます。
理解が、体験を通して深まってきます。
>
>
> のびのびさん。
> のびのびさんは、バレエをしてみえると読みました。
> 今のあなたには、踊れる、踊れない。などや、肉体の変化などは、どのように感じていらっしゃるのだろう。
> それは、あなたの前にはどのように映っていらっしゃるのだろう。
>
> 聞きたくなりました。
>
> 質問で、すみません。
>
> M・K

バレエは、師に出会う2年位前に体力づくり(姿勢を整えるため、気持ちよさそうだから)のつもりで始めました。
その教室でのレッスンは簡単な動きばかりで、今でも初心者のようなものです。
ですから、特に体力的な衰えを感じることもなく、気持ちよく続けています。

そして、クリアになってくるほどに、とらわれなく、楽に続けられるようになりました。
はじめの頃は、いろいろなとらわれがあり、レッスン中でも、そういうことばかりに意識がいっていました。
今は、あるがままに身体を動かし、自然体でレッスンを受けています。
レッスン時に流れる曲もとても美しく感じられるようになり、うっとりしながら、身体を動かしています。

バレエに関してはそういった感じですが、その他のこと、社会的立場や経済的なこと、友人関係などに関しては、師に出会う前に既に、多くのとらわれが落ちていたと思います。

今、M・Kさんのなかで、マインドが強く抵抗しているのですね。
「ただそうである」と気づいていてください。
そして、余裕があれば、真我(在る)に意識を戻してください。
その繰り返しで、真我(在る)が成長していきます。

そして、すべてを手放す必要もなく、それもただ起こるがまま、あるがままです。
すべては、自然に起こってきます。

ありがとうございました。

のびのび


2012-03-23 : のびのび


【コメント欄より】顕れを追いかけ執着してはいけないな。 私がクリアになり空の顕れそのものになるよう精進しよう。

今回は、M・Kさんから頂いたコメントとのびのびの返信を、参考までにご紹介させて頂きます。
(コメント欄からの転載です。)

**************

M・Kさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

> こんにちわ、のびのびさん。
>
> いつも(本当にいつも毎日お世話になっています)ありがとうございます。
>
> 先日あった出来事なのですが、やっと書くが起こってくれました(笑)

起こってくれましたか(笑)。
>
> やっと書きます。
>
>
> 前回の木曜夜の合同共鳴でのことです。
> 私は、前半、スカイプ参加させて頂いていました。
> その少し前に、のびのびさんの体験談のアップを無空さんのblogで拝見していました。
> これまた、素晴らしいもので、この領域は、共感できないレベルのものでした。ウーム。ウーム。と深ぶか読んでいました。
>
>
> それで、共鳴の終わり頃、突然、のびのびさんに9時半からのスカイプ参加でお会いできるんじゃないか?と言う気持ちが高まり出し、慌てて、参加希望を出そうとました。しかし何故か、上手く文字が打てず、結局、意識参加になってしまいました。
>
>
> 息子を寝かしつけながら、まだ、のびのびさんに会えたかもしれない。と、しつこく思っておりまして(笑)意識参加も、さておきにして、一人、ぐずついておりました(笑)
>
>
> 50分頃、諦めて(笑)意識参加で、のびのびさんに呼びかけてみました。
>
> すると、のびのびさんが、呼応してくれました。
>
> はーい。というのではなく、私の周りの空気、世界が呼応されたのでした。
> ワオンワオンと、優しく、応えてくれました。
>
> ああ、そうだ。
> そうなのだ。
>
>
> のびのびさんは、のびのびさんだけど、
> のびのびさんは、のびのびさん由に、個人ではないのだ。
>
> と、知りました。
>
> 私は、あなたの体験から沢山の学びを頂き、今日に到ります。
> 本当に感謝し、憧れてもきました。
>
> 今も、そうです。
>
> けれど、のびのびさんは、のびのびさん由に、全体性なんだ。
>
> わたしも、由に、あなたに憧れて、空に憧れて、ひとつなんだ。と。
>
> 顕れを追いかけ執着してはいけないな。
> 私がクリアになり、空の顕れそのものになるよう精進しよう。
>
> 改めて、思いました。

よく気づかれていますね。
本当に素晴らしいです。

そのように何度も何度も、真我(全体・空)としての立ち位置に戻ることを繰り返すことによって、徐々に、その立ち位置が揺るぎないものになっていきます。

そして、そうなればなるほど、現れの世界を軽やかに、そして、味わい深く楽しむことができるようになりますね。
>
> のびのびさん、本当にあなたの存在は、恩寵です。
>
> ありがとうございます。
>
> M・K

こちらこそ、M・Kさんの存在が、恩寵です。
ありがとうございます。

いつか是非、実際にお会いできるといいですね。

のびのび


2012-03-20 : のびのび

・・・・・・・・・・・・・・

M・Kさん

コメントありがとうございます。

> のびのびさん
>
>
> また、いつか、お会い出来たら、素晴らしいな。
>
> 思うと、嬉しくて、キラキラしてきます。
>
> ありがとうございます。
>
> そんな日が来るのを楽しみにして、日々、精進します。(^-^)
>
> M・K

今日アップされたM・Kさんの体験談、とても素晴らしいですね。

どんどん「在る」が定着してきて、気づきの力が強くなっているようですね。

愛が伝わってきました。

私もいつかお会いできるのを楽しみにしています(^-^)。

のびのび


2012-03-20 : のびのび


プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示