相対を超えた正しさそのものとして在り、そこから自然な流れが起こっていく、流れそのものとして、流れずに流れていく

受講者
いつも何か、“正しい”生き方のようなものがあって、そこへ向かっている感も

否めない感じがありながら、それに気づいていると、

何か出来事が起こる度に、決めつけようとするところで気づいて戻れる

そこのところが

日常生活の中での私が、かなりまるくなったように感じます



ご自身の変化、変容によく気づかれていますね。

在るの在り方としては、正しい方向へ向かうのではなく、

相対を超えた正しさそのものとして在り、

そこから自然な流れが起こっていく、流れそのものとして、

流れずに流れていくという感じです。

本質である在るの浸透が感じられますね。

スポンサーサイト

ニュートラルな在り方

受講者
先月の末、高校野球の地区予選に母校が準々決勝、準決勝
まで残ったので、2試合応援しにいってきました。

プロ野球は興味がないのですが、15年ぶりに母校が甲子園に
行けるかも!という時は話が全く別でした。



そのレベルが動き出しますね。


受講者
4強で終わってしまったのですが、ものすごく感動しました。



感動は、在るのよろこび、在るの栄養でもあります。


受講者
そして、燃え尽きてしまい、夏バテも加わって、ぼーっと過ごしています。



応援お疲れさまでした。

起こったものは消えていき、燃え上がったものは燃え尽きていきます。

そして、それでも残っているもの、本質、在るが在り、

そこからまたすべてが始まっていきます。

始まりも終わりも超えたところからすべてが始まっていきます。

いつも終わっているところ、何も起こっていないところから
すべてが始まっていきます。


お疲れの場合、ぼーっとした時間も必要です。

ご自愛ください。

それ自身が全体を回復させてくれるでしょう。


また、ぼーっとした状態、在り方は、それをそれ自身に許し、リラックスし、

そして、その状態、在り方に開かれ、その状態、在り方を自覚できているのであれば、

とてもニュートラルな在り方でもあります。

ニュートラルな在り方は、必要な状況、必要なタイミング、

自然な状況、自然なタイミングがくれば、

自然にそこから必要なもの、必要なことが起こっていく、

安らいで在りながらとても満ち満ちた在り方でもあります。

「穏やか」というのは、とても自然でトータルな在る(愛、全体、自然、生命)の在り方

受講者
セッション後、ただそのままで在りたい本当に穏やか
活動を感じる想念や概念がなく、静けさ そのものでした。



「穏やか」というのは、とても自然でトータルな在る(愛、全体、自然、生命)の在り方です。

「穏やか」ということに関して述べられている覚者の言葉を
参考までに、フーマンの「恩寵の扉が開くまでⅡ」から抜粋し、ご紹介させて頂きます。

***********

あなたのハートがその深いレベルに整合するようになると、
個人の意志とか無理強いとか集中とか、する事(Doing)のパワーは感じなくなる。
そこに意志はない。
ただの「穏やかさ」がある。
物事が流れに任せて起こる様になる。

しかしその穏やかさは、弱さではない。
それは神聖であり、究極の意識だ。

************

マインドではなく、在るの方がより主になってくると、マインドの騒がしさが起こることも、在るがより確かなものとなっていく素晴らしい機会となっていく

受講者
日常では、マインドが騒がしく、気づいたら在るに戻ることを繰り返していました。



マインドではなく、在る(本質としての在る、
あるいは、マインドも含めたトータルな在る、
在るだけが在るという一元としての在る)の方がより主になってくると、
(識別による)マインドの騒がしさが起こることも、
在る(本質としての在る、そして、トータルな在る)がより確かなものとなっていく
素晴らしい機会となっていきます。

在るが主となれば、すべては、在るの成長、更新、深まりの機会、
悲喜等の相対を含み超えたよろこび、真・善・美等、
自らを知り、自らを感じ、自らを実現する機会となっていきます。

開かれ続ける完全性

受講者
第197回セッションもありがとうございました。

4週間ぶりとなりましたが、その間“在る”に意識を向ける、“在る”そのものである実践が自然に再び起こるようになり、今日のセッションでも、それの浸透、深まりが感じられました。



継続の力の賜物ですね。

そこからさらに変容、成熟が進んでいくでしょう。

参考までに、以前他の方だったかどうか忘れてしまいましたが、返信の際にご紹介させて頂いた「パワーかフォースか」の著者デヴィット・R・ホーキンスの「I<わたし>」から抜粋させて頂き、

ご紹介させて頂きます。

「けれども、これレベルの進化は通常あまり起こりません。意識レベルが600に達した時点でそこで止まり、
残りの生涯をそのまま過ごす場合がほとんどです。
各レベルの啓示はそれだけで完結していて深い満足を与えるので、その達成感がさらなる意識の進化を停止させてしまうのです。
ほとんどの覚者が600を超えたところで完結するのはそれが理由です。
その状態の至福があまりにも完全なので、さらにその先があるようには見えないのです。
しかしある意味では、その結論は正解です。
というのも、各レベルはそのレベルにおいて完全かつ完璧だからです。
そのような達成感や完了感は、500台の上位以上から現れます。
そこには好奇心も未完了感も残っていないので、先に進もうという探求心が起こりません。
わたしの場合、そこから先の各レベルにおいても、真理に対する開放性は持続していました。
ですからどこかで、完璧に完結しているのではなく、進行中の過程であるということを認識していたのです。
おそらく「自己」がさらなる進化の中で自らの本質と潜在的可能性を表現するために、前進しようとする意志を働かせたのでしょう。
そして、何よりも、おのずと起こる進化の過程に身を明け渡したいという意志が決定的な要素でした。
創造は条件が整ったとき、その潜在的可能性を表現するのです。」

意識レベルが600等は別にして、またはそこに至る前でも、プロセスの中にそれはあり、様々なレベル、段階でそれは起こるとも言えますが、

ある程度の満足、あるいは、様々な段階の満足が得られると、自然に意識的な実践が起こらなくなる(あるいは、あまり起こらなくなる)ということがあります。

さらに開かれる可能性がある方で、それを閉ざさない方のサポートとしても、ゼロ意識共鳴は存在しています。

それ(在る)が、ある程度自然なものとなった後、さらに意識的にそれを深めるような動きが起こるのは、さらに進んだ段階とも言えるかもしれませんね。

そこには、「まだ」というマインドは残っておらず、ただ開かれた「開かれ」が在るだけです。

完結し、(さらなる開かれに対して)閉じる場合(閉じて、完全性、完璧性の質がより強く表現、実現される場合)と、開かれ続ける場合があります。

(完全性、完結性、完璧性等も実現されながら、開かれ続けます。開かれた完全性、柔らかさを伴い、無限に成長する完結性、無限に深まり、無限に広がる完璧性です。)

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示