無為

受講者
先ほどは、ありがとうございます。

仕事は、やっているはずなのですが、
いつも、何もしていないような感じが
続いているお話をしました。



自我である「自分が、私が」というもの、
「自分が・・・している、私が・・・している」というものが
弱くなってきている、薄くなってきている、あるいは、起こってもすぐに消えていっている、
あるいは、起こらなくなってきている、という感じかもしれませんね。


受講者
共鳴中、無空さんが、言われた、私は何もしていない。。
という言葉が、ぴったりな感じ。。です。



ただ在るだけですね。

でも、真にただ在れているときには、何もしないのではなく(その存在を通して何も起こらないのではなく)、
今のあなたのように、そのときそのときの状況に必要なことが存在を通して自然に起こっていきます。

(何も起こらないことが必要なときには何も起こらない、ということも含めて。
また、何が起こるのが適切なのかは、それぞれの視点により様々ですが、
真のところは、マインド、あるいは、人智を超えたレベルにあります。)


受講者
共鳴は、今のエネルギーにドップリと
両足から入るイメージをしてみました

あるテレビドラマを見ていた時
両足、ドップリ浸かったなという言葉が、とても
印象的だったので、
いい意味での、抜けないくらい、ドップリ
浸ろうと、思いました。



それも自然に起こった感じですね。


受講者
ハートの共鳴も、立場を変えての共鳴も、

今まで、培った、知識も、みんな
溶けるようにもイメージしてみました。

そして、溶けてゆくようでした。



そのときどきで、必要な知識というものはありますが、
あるところまで来ると、ただひとつであり、すべてであるもの(在る、愛、全体、本質、自然、真の在るがまま、真・善・美)が
それまでのものに取って代わるようになってきます。

また、「溶けてゆく」という表現からは、

すべてのものは、そこ(在る、愛、全体、本質)から現れ、そして、またそこへ還ってゆく、

そこに溶けてゆく、

それだけが在る。

という視点、理解も見ることができます。

もう少し違った表現をすれば、在る(愛、全体、本質、ひとつであるもの)から
そのときどきの状況、必要により現れ、歩みをサポートしていた知識が、
在る(愛、全体、本質、ひとつであるもの)に統合され、
それまでの形を必要としなくなった、という見方もできますね。

スポンサーサイト

ただ在ること、ただ愛として在ること、それがすべて

ただ在ること、

ただ愛として在ること、

それがすべてです。

(それは、何かをすること、そこから何かが起こること、

適切な何かが起こることと全く矛盾しません。

それは、すべてのベースにあり、すべてを支え、

すべてを育み、すべてを包んでいきます。)

真の自己理解

受講者
日常では、在る=自分であるということについて、疑いようがない、とても普通のこととして理解されていることに気が付きました。
本当に普通です。
それと同時に個として、やはり普通に様々な事が体験されている事がやはりとても不思議です。



とても自然に統合されて在る感じですね。
気づかれたことにより、そこから理解がまた自然に進んでいくでしょう。

在る=自分、在るそのものであること、日常を丁寧に在ること、丁寧に生きていくことを重ねていくことにより、
真の自己理解が、思考、感情、肉体等現れを含む存在全体に浸透し、自然でゆるぎないものとなっていきます。

存在全体がひとつとして、(個も含め)それまで開かれたすべて(すべての在り方、すべての理解)が在り(必要に応じて起こり)、
とても自然に統合されて在る在り方です。

すべてのすべてであるもの、ただひとつであるすべて(在る、愛、全体、生命、純粋意識、至福、真・善・美)とは、そのような在り方で在ります。

パターンの浄化、変容

受講者
最初の共鳴
静寂と広がり。在るに意識を向けていくと、体に同一化していた意識が離れていき、体と世界が一体になった感じがしました。



本質としての在るの立ち位置に在り、現れから離れて在りましたね。


受講者
アイコンタクト
空っぽで何もない空間。

瞑想
暗闇の宇宙が無限に広がっていき、その中を漂っていました。

ハートの共鳴
先程の暗闇に対して、光を感じました。同じく、先程が宇宙なら、この時は地球でした。光が広がって包み込んでいく感じになりました。



暗闇(原初)と光は、在ると意識(気づき、あるいは知、理解そのもの)の関係に置き換えて理解することもできます。
両者は同じものでありますが、ひとつの視点、理解からは、在るの方がよりベーシック、先んじて在るものということが言えます。

(時空を超えたところでは、後も先もないとも言えますが、ひとつの視点からはそのように言えます。
すべてを含み、すべてを超えた在る、未知なるそれ、無限のそれ、無限の厚み、無限の広がり、無限の奥行きのあるそれ、
不思議なそれ、玄妙な在り方であるそれにおいては、例えば、後先のない後、後先のない先などの理解、視点が在ります。)

暗闇と光を、宇宙と地球と捉えられているのも、とてもよい感覚のされ方のひとつですね。


受講者
普段の生活では、どうしても時間のない感覚を感じやすいです。
小さい頃から早くやるのが苦手で、常に「早くしなさい」と言われてきたのが染み付いているというか、いつも早く、早くと追い立てている気がしています。
先週も、仕事などで何かひと段落ついた時に、一息つくこともなく、何かやらなきゃと追い立てるパターンが出てきました。

あと、自分にとって結構ハードなタスクを乗り切ったあと、「よし、今日は私頑張った」と思うと同時に「いつもうまくいくわけない、きっと落ちる時が来る」というマインドが出てくるパターンもありました。

こういうパターンが出てくると、いつまでたっても嫌だなあ、どこまで繰り返すんだろう、とがっかりしてしまうのですが、今日のセッションで、パターンが出てきた時は気づくチャンスでむしろ喜ばしいというお話に、やっぱり気づく、認めることが大事なのかなと改めて感じました。



はい、パターンは繰り返し起こってきますが、起こってくる度に無意識ではなく、気づいていることを繰り返していくことにより、
無意識に起こってくるようになっているパターンから、徐々に距離を置けるようになり、より自由になっていきます。
また、距離を置け、より気づけるようになってくると、パターン自体も徐々に力を失い、不用なパターンは起こらなくなってきます。

また、在るを意識する、在るそのものであることも、パターンを変容させていくパワーがあります。
本質であることは、その現れを浄化、変容させていきます。
また、現れを含む在る、すべてのすべてとして在ること、全体としてひとつであることも、全体を浄化、変容させていくパワーがあります。

(全体としてひとつであることに個人として近いものと言えば━本質としての在るの在り方もそうではありますが━、すべてをまるごと肯定、すべてをまるごと受容する在り方があります。)


受講者
セッションの時の在るの感覚と、日常に追われてマインドに浸っている時との落差が大きいなあと思いましたが、普段から気づいた時に在るに戻ることをまずは続けていきたいと思いました。



はい、本質である在るをその立ち位置からとてもよく感じ取られていますので、日常での実践と合わせ繰り返していくことにより、
在るの質が徐々に日常に浸透していき、マインドも変容していくでしょう。

無空庵では、長い瞑想等ではなく、日常の中で、在ると現れを何度も行き来することにより、真の在るがままの実現を促していく

受講者
在るを実践していると、ふっと深まる事がありその時は、
何にも無いんですよ。無い感じなんです(本当に)笑



とても伝わってきます。
在るとは、相対的な「ある」、「ない」ではありません。
在るの在り方のひとつとして、(絶対的な)「無い」があります。

(在り方のひとつという表現をしましたが、同時にそれがすべて、
それですべてでもあります━ひとつの在り方が他の在り方のすべてを含んでいます━。
すべてのすべて、あるいは、無限そのものでもある在るのそれぞれの側面ひとつひとつ、
それぞれの在り方ひとつひとつは、すべてそのような在り方をしています。
そのような視点、理解からは、「無い」のひとつの在り方として、「在る」があります。
というような表現でも、まったく同じなのです。)


受講者
呼吸が、おへその下まで、尾てい骨まで、
深く、深く、浸透していくような、
そして、呼吸していることも忘れるくらい

ここはどこだろう。
(調べてみても)
どこでも無い感じです。



はい、それは時空、現れを超えていますので、特定のどこという認識はけっして起こってきません。
そこには、こことあそこというような2点がありません。

どこでもなく、誰でもないもの、それがすべての現れの源、原初そのもの、
ニュートラル、空、無、実在、全体、愛、生命、真・善・美・・・
それは、(現れを含む)すべてを支え、すべてに浸透し、すべてを育み、すべてを包んでいるものでもあります。
どこでもなく、誰でもないものだからこそ、どこにでも在ることができ(どことしても在ることができ)、誰にでもなることができます。
また、同時に現れているすべてとして、現れている世界全体として起こってくることができます。

本質的で、普遍的なものとは、そのようなものです。

また、「調べてみても」がよかったですね。
それであるとき、そこにあるときに、その視点、その理解から、あるいは、その視点自体、その理解自体を
調べてみる、認識してみることは(これはマインドを活発に働かせていくこと、重ねていくこととは違います。)、
それそのものの理解を深め、広げる等の点で、とてもよいことです。


受講者
ただ存在するだけで、癒され、至福を
感じられるって、本当にすごいです。



もっとも単純、もっともシンプルな在り方、
あるいは、単純さそのもの、シンプルさそのものの中に(癒し、至福その他)すべてが在ります。

また、ただ存在するだけとは、イコール(特定の誰かではなく)在るで在ること、
それは、真の自己であること、
ただ自分自身であること、
それがすべてを為していきます。
在ること、無為(相対的な行為、無行為を含み超えた真の無為)が、(癒しその他)すべてを為していきます。


受講者
今回のセッション時にお話をしましたが、
記録として、こちらへも再度書かせていただきます。

公園を散歩し、読書をし、空気や風を感じながら
瞑想に誘われ、目を閉じると、久しぶりにチャクラの色を
見せられました。
蛍光ペンのような、黄緑、赤、オレンジ、黄色、
どれもとても優しい色でした。

見たいと思うと見えないのですが(笑)
見せられた、この感じは、在るであり、
ハートと繋がり、とらわれていない純粋な意識
だから、見ることができた(見せられた)と感じました。



はい。
在るが自分自身に見せた、とも言えますね。


受講者
こういった時は、思考ではなく
感覚的に一瞬で理解が深まります。



直知、直覚、体験即理解、実感そのまま理解ですね。


受講者
そして過ぎ去っていきます。

最近、長く瞑想が出来たことよりも、瞬間、瞬間の今に
深く在る事の方が嬉しいです。



「長く」というのは、時間であり、その認識をしているのはマインド、
(もちろん良い悪いはなく、それがマインドの自然な働きです。)
瞬間、瞬間の今に在る(今=在るであり、今にある特定の誰か、個別の誰かではありません。)、
または、瞬間、瞬間の今であるのは、在る(愛、至福そのもの)ですね。

在るにとっては、長い時間も、一瞬もまったくまったく同じです。
(一瞬=永遠、真の永遠は時間の長さの延長上にあるものではなく、時間を超えています。)
ですから、ある素晴らしい状態に長くとどまりたい、ずっとこのままでいたい、
というのは、マインドであるということが理解できると思います。

(快適さ等相対的によい状態を好む自然なマインド━肉体的な生存本能等も含む━です。
また、本質、源、純粋な事実としての在るの中にも、それ自身と不可分な状態、在り方で、
純粋な「在りたい」、純粋そのものとしての「在りたい」が在ります。
マインドの「ずっとこのままでいたい」等は、純粋な「在りたい」のひとつの現れ、
それが時空の中に現れたときにとられる美しい無限のバリエーションのひとつ、
純粋な「在りたい」の現れと、現れの世界における様々な関係性、環境、
個々の気質、プロセス、成熟度合い等様々な要素が総合された自然としての現れと言うこともできます。)

また、本質である在るをマインド、肉体等含む現れ全体に浸透、統合させていく上で、
在るに何度も戻る、在るであることを重ねていくということは大切です。
そのような意味で、在るであることを長くキープする、長い時間瞑想するということも
ひとつありますが━極端に長い瞑想、長期間の瞑想などを指導者等なく個人で実践すると、
バランスを崩したりすることがあります。
また、「キープしよう」が、ときに、よりマインドを強くする可能性もあります━
無空庵では、長い瞑想等ではなく、日常の中で、在ると現れを何度も行き来することにより
━気づいたら在るに戻る━、
より自然な統合、自然な浸透、日常そのもの、自然そのもの、真の在るがままの実現を促していきます。
そのような意識が自然に起こった場合は別として、在るを長くキープしようというような意識はせず、
ただ気づいたら在るに戻る━一瞬でも━、それをシンプルに繰り返します。
瞑想を習慣にされている方もそれを好んで実践されているのであれば、
それも継続しながら、日常での在るの実践を繰り返して頂いております。)

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示