FC2ブログ

無空庵のセッション

古来から、本質を伝えるのは、沈黙の伝授によってなされてきました。

(それが言葉によってでも、他の方法によってでも、その言葉や方法を超えたところが伝えられ、そして、受け取られる必要があります。
また、伝授というのも、視点を変えれば、受け取ろう、知りたい、実現したいという存在が、
それが自身の中に在ること━在り方の可能性として実在していること━、それそのものであることを見ることができるよう,確認できるよう鏡として伝える側が存在していると見ることもできます。)

それが、ときには厳しく感じられたり、疑問や不信感を抱かれたり、不親切だと思われる場合もあるかもしれません。
様々な存在の現れ方があり、伝えられ方も様々だと思います。

すべてが(本質において)全く同等で、自然で真に普通で、在るがままに在れるようになる、
これまでは視点、焦点、立ち位置が違っていたために、違って見え、違って感じられ、違って体験されてきたが、
実は、これまでもずっとそうであった(すべてが同等で、自然で真に普通、在るがまま)、
そして、今もそうであり、さらに、これからもずっとそうである、
それだけがある、
それだけしかない、
ただそうである、
ということが、存在全体を通して腑に落ち、体現、実現されること、
時間、空間のすべて、そこに現れたすべて、今現れているすべて、これから現れるであろうすべてが包括され、
そして、その中に在りながら、同時に超えて在れることが、
存在の自然本性の求めるところのひとつであり、
ひとつの自然で、かつ、大切なプロセスであると理解しております。

無空庵でよく使う簡単な言葉で言えば、ただ在れるようになる、真に在るがままに在れるようになる、ということです。
(このときは、なる=在る 色即是空、空即是色 も理解できるようになっているでしょう。)

本質について話しながら、手取り足取りとても親切で分かりやすく、相対的に進んでいる実感が持て、
個別、特定の領域において、相対的によい結果、望んだ具体的な結果が得られるものもあるでしょう。
それはとても素晴らしいものであると思いますが、
それでも、本質に近づいているようで、まったく届いていない、
ときには、逆に遠ざかっている場合もあるかもしれません。
(本質について話したりしているものの中で、それが一見同じように見えたり、一見似ているように見えるものでも、
ある意味、全く別物と言える場合があります。)
また、たとえ、在るを体験し、知ることができたとしても、在るが主とならず、
その後の現れも統合された真にトータルで自然で普通な在り方から、逆に遠ざかってしまう場合もあるでしょう。
(これもある意味、全く別物ということもできます。
また、「遠ざかる」というのは、存在全体において、あるいは、立ち位置、焦点、在り方、理解等においてということであり、
本質的には、ずっとそれそのものであるということもお忘れなく。)

マインド側、現れた個別存在からは、不親切に感じられることが、本質、存在全体にとっては、最高の親切、絶対の親切である場合があります。

多くの存在、様々な理解にある存在に、同じ理解になるように分かりやすく伝えられる能力は、本当に素晴らしいですし、核に真の愛があるとも言えますが、
そのような能力、才能をもった存在でも、多くの方に分かりやすく同じように伝えられるのは、現れレベルの範囲内のものに限ります。
また、本質をすべての存在に分かりやすく伝えようとする場合は、一面的になってしまったり、薄まってしまったり、表面的になったりすることがあります。
はじめからそのような意図、理解をもってされる場合はよろしいと思いますが、それでも、真に求めている人、あるいは、すでに知っている存在にとっては、それらは、とても表面的で薄っぺらく感じられる場合があります。
逆に、理解の程度やそれぞれの立ち位置、視点により、様々に受け取られる可能性があるのを承知の上で、シンプルな言葉、数少ない言葉
(ときには、様々な側面や相対的な矛盾も含み超え、トータルな在り方を伝えるため、あるいは、ただそれが現れた結果、
マインドでは混乱してしまうくらい非常に多岐にわたる内容で、非常に長い文章になることも含め)で、その存在、その理解から直接に起こる場合は、それは本質を伝えるのに十分な力、響きを持っています。
それは、分かる人に分かる、分かる人にはとても親切に分かりやすく書かれている、と感じられるものであり、
(言葉としては分からなくても、真実の響きが感じられる場合もあります。)
そうでない人にとっては、まったくわけが分からない、あるいは、ただ言葉を使いまわしているだけのように感じられたりするものです。

理解の程度、深さ、広さにかかわらず、理解できる領域(現れレベル)のものと、
それぞれの、また、そのときどきの理解の程度、深さ、広さによって、まったく違ったように理解されるもの
(相対を超えた本質、相対、矛盾を含み超えた真実、トータルな真実))があります。

マインドで分かりたい、誰かに聞いたり、本で読んだり、ブログで読んだりした特定の状態になりたい、という方が強いうちは、
無空庵のセッションは、不親切に感じるかもしれません。
それは、(マインドで分かりたいというところにも、できるだけの範囲でお応えしながらも)そっちではない、そこにはない、
そこではない、というところなので、現状を肯定しながらも、在るの方に意識を向けなおしていただくよう、
何度も何度も繰り返し繰り返しお伝えさせて頂いているところです。


表面ではなく、深いところで何を求めているのか、部分ではなく、存在全体で何が求められているのか、
目先のところではなく、時間、空間すべてを包括し、そこを超えたところから何が求められているのか、
そこにそれぞれの方の(それぞれの方を通した)個々のセッションで、“応えていく”のが、無空庵のセッションです。

(基本的、本質的なところはお伝えしますが、その理解に応じて、また、求めるもの、そして、その求めるものの深さや明確性等において、共鳴度合い、共鳴により起こるもの、応え方等も自然に異なってきます。━これが、在る・自然における適切であり、親切です。━)

スポンサーサイト

「これ」の再認識、再確認は、とても大事

受講者
共鳴
「これしかない」という感じでした。

そして何でこれを忘れていたのだろうと感じました。
また、絶対に大丈夫ということも感じました。



「これ」の再確認、再認識、とても大事です。
「これ」は、何でだろうと思うくらいに不思議に忘れてしまうこともあります。
そのような在り方が、「これ」の無限の在り方の中に含まれているとも言えますが、
それゆえに、忘れても(焦点が他へ行っていても)、忘れていないような在り方、
本質の存在全体への浸透、深くトータルな理解が大切です。


受講者
アイコンタクト
深まっていく感じでした。


瞑想
おだやかさとザワザワする感じが同時にありました。


ハートの共鳴
存在全体がやわらかく幅広く広がっていく感じでした。


立場を変えての共鳴
やさしくやわらかい感じでした。


立場なしの共鳴
おだやかで落ち着いている感じでした。



本質的なところを思い出し、どんどん深まり、拡がり、落ち着いていく感じでしたね。

忘れてから戻った時(再認識、再確認されたとき)、

それは(その理解、認識、質感、実現性、実在性において)より確かなものとなっていきます。


受講者
ここ数週間、理由のない不安や孤独感があったのですが、
今回のセッションを通して、また在るというシンプルで唯一のものを再認識できた様に思います。



よかったですね。
共鳴中感じられたように、それは、絶対大丈夫です。

「未知」は、玄妙で、無限の奥行きがあり、無限の可能性に満ち満ちていて、最もエネルギーがある

受講者
日常では、

「ただ」の中に「ただ」として在る、という感じです。



「ただ」のより深い実現、より本質的でより核心の実現、奥深く厚みのある実現、本当に素晴らしいですね。


受講者
また、「未知」の質が強く感じられています。



「ただ」という在り方の深まり、更新の結果、より開かれてきたものと言えるかもしれませんね。

「未知」は、玄妙で、無限の奥行きがあり、無限の可能性に満ち満ちていて、

最もエネルギーがあります。

ひとつの視点からは、それは、存在性、実在性が最も強い、最も高いと言えます。

そしてそれは、真の「今」でもあり、

「今」の中身、実体、実質、内奥に在るもの

(そして、表面にも在るもの、そのままの今、今そのものでもある)

とも言えます。

本当に素晴らしく在られていますね。

存在が無限によろこんでいます。

原初の振動

受講者
セッションありがとうございました。
今回は、方向性などのタイミングでのセッションでしたので
いつもとは違う形となりましたが、
必要な形でのセッション(在る)が起きたと感じております。



はい、在るはとても柔らかく(形にとらわれず)、そして、適切です。


受講者
その後は、体調が良くなったりエネルギーに振り回されたりと
5月から調子が今一つという日を送っています。



早く落ち着いてくるといいですね。


受講者
振動というテーマでしたが、
毎日、取り入れてますが、劇的に良くなるという効果までは
いってないですが、やらないよりは良いという効果は感じております。



流れを滞らないようにするひとつの方法として、実践を続けられるとよろしいと思います。

滞りがあると、体、存在の自然本性、自然回復力、自然治癒力から、
滞り等を解消しようと、振動や、その他の動き、さらには、他の何かしらの症状等が起こることがあります。
事前に自ら振動を起こすということは、それをやわらげたり、防止したりする効果が期待できます。
また、流れるエネルギーが非常に大きく強い場合には、存在の(あらゆる側面における)さらなる柔軟性、
とらわれのなさ、大きさ、強さ、自己理解の深さ等が必要になってくるでしょう。

振動ということで言えば、存在におけるもっとも微細な振動は、在るに意識を向けること、
在るの在る自身による自覚、この動きが、原初の動き、原初の振動、ゆらぎです。

そしてそれは、それ自身(在る)の中、ただひとつであるものの中、ただひとつであるものにおける動きのため、
時間、距離ゼロの動き、不動の中の動き無き動き、ゼロ振動の振動、ゆらぎなきゆらぎとも言えます。
(在るためには、時間も距離も必要ありません。)
それ自身(の中)は、時間、距離ゼロでありながら、すべてが起こる、起こりうる
不思議なスペース、玄妙なスペース、霊妙な無、神妙な空です。

その中に宇宙のすべてがあり、それ自身の自然本性による、それ自身における無限の振動、無限の反響、
そこから生まれる無限の展開、無限の視点、無限の相関性、
そして、それ自身による無限の気づき、自覚が、自己理解の無限の拡がり、深まり、
宇宙の無限の拡がり、深まりを促し、推し進めていきます。

現れた外側も含む振動というアプローチと、本質側からの原初の振動でもある在るの自覚(自己の自覚)
の両方を実践していきましょう。

現れレベル(創造の最も精妙なレベルから最も粗雑なレベルまでのすべて)には、
様々な影響や様々に積み重ねられてきたもの、また、繰り返しの結果作られた癖や習慣等もあり、
そこから滞り等が起こることがあります。

それに対し、在る、本質レベルでは、常に抵抗、滞り、とらわれはゼロであり、
すべてが無限にスムーズに流れています。

これまでも素晴らしく在るの理解を進められてこられていますが、
さらに在るの実践を重ね、その質をより現れレベルにも深く浸透させていきましょう。


受講者
教えて頂いたHPありがとうございました。
最近、振動をすると体の感覚がなくなり
めまいのような、どこかに個が消えそうな感覚があります。



個が消えても、在る、純粋な気づきは残りますが、
すでにそれは知っていらっしゃいますので、
(個の大部分は、変容、成熟していても、
特定の側面や根っこの部分での微細な抵抗や執着というものは
残っている可能性もあります。)
また詳しくお伺いできればと思います。
(めまいのようなという点などもありますので。)


受講者
在るや気づきの部分では、より深まっている感じがします。
思考が何にもとらわれていない感覚があるからです。



それはとてもよい感じですね。
それがより存在全体に浸透し、拡がっていくといいですね。


受講者
実は、本日も体調は今一つですが、
何とか持ちこたえている状態です。



あなたの存在全体の純粋性、柔らかさ、大きさ、強さ、成熟度、自己理解の深さ等があるからこそ、
持ちこたえられている状況だと思います。

わたしも共に在ります。

在るは、どんなものよりも大きく、どんなものよりも柔らかく、そして、強いです。
それは、知そのもの、知っているそのもの、
そして、愛そのものです。

その中では、すべては大丈夫です。


受講者
金曜のセッション楽しみにしておりますね。



ひとつであるところでお会いしましょう。

基本の繰り返しにより、存在は、自己理解と自己実現度合い(実在度合い)において、無限に深まり、無限に拡大していく

受講者
日常では、

気づいたら戻る(基本)の繰り返しです。

とらわれない度合いが増しているのを実感しています。



素晴らしいですね。

基本(気づいたら戻る、自らに帰る、自らに気づく)は、在るの自然本性でもありますが、

現れた存在におけるプロセスの機が熟し、

真の自己が開かれ、自己理解を持ちながら、

意識的に(意識に開かれながら)行なわれている(起こっている)のが、今の実践です。

それは、存在にとって、とても自然で、とても普通で、

かつ、とても神聖で、とても大事なことです。

基本の繰り返しにより、存在は、自己理解と自己実現度合い(実在度合い)において、

無限に深まり、無限に拡大していきます。

とらわれない度合いが増し、自由そのもの(存在)がより自由になっていきます。

知っているそのもの(知、存在)がより自己を知っていきます。

無限そのものである自己をさらに実現していきます。

愛(存在)がより愛(存在)に開かれ、さらに愛(存在)を実現していきます。

それが、在る(真の自己、愛、純粋意識、知、自由)の自然本性であり、

基本の繰り返しにより自然に為されていくこと、起こっていくことです。

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示